歯科訪問診療(在宅診療)

当院は在宅療養支援歯科診療所に認定されています。


なみき通り歯科は、厚生労働省の定める基準をクリアした「在宅療養支援歯科診療所」に認定されています。当院は一定の施設基準および在宅療養に対する支援体制を確保しており、「地域の皆さまの生涯に寄り添う医療」を目指しております。


訪問診療で受けられる治療内容


お口の悩みを持ちながらも、疾病や傷病などにより通院が困難な方へ。なみき通り歯科では、ご自宅や介護施設にいながら歯科治療が受けていただける「訪問診療」を行っております。当院の訪問診療は健康保険および介護保険が適用されますので、安心してご相談ください。

私たちは、下記のような症状でお悩みの方へ、歯医者さんへ通うのと同じ治療をご提供します。

こんな症状にお悩みではありませんか?

当院の訪問診療では、次のようなお悩みに対応しています。
「歯医者さんへ通えないからしょうがない・・・」と我慢せず、お口のお悩みはお任せください。

  • 歯が痛い
  • 入れ歯を作りたい、直したい
  • 口臭が気になる
  • お口の中を清潔にケアしたい
  • 歯がグラグラしている、歯ぐきから血が出る
  • 食べ物・飲みものをうまく飲み込めない

歯医者さんへ通うのと同じように、在宅でお口のケアを受けることができます。虫歯治療からお口のクリーニング・定期健診まで、お気軽にご相談ください。


むし歯、入れ歯、お口のケア、健診など、お口の悩みをご相談ください。


なみき通り歯科 訪問診療の流れ


診療の流れは以下の通りです。

1.訪問診療のご相談

お電話またはFAXでもお問い合わせが可能です。
TEL:  052-693-8280
FAX: 052-693-8280
現在気になっている症状を伺いながら、訪問場所や日時などを決定します。

2.訪問当日

歯科医師とサポートスタッフがご自宅または指定の場所に伺います。いきなり治療を始めるのではなく、ご本人の体調を確認し、まずは検査を行いお口の状態を正確にチェックします。

3.治療計画のご説明

検査の結果をもとに治療計画を立て・費用などを含めてご提案します。ご家族や本人とコミュニケーションをとり、了承をいただいたうえで進めていきます。
体調や体力など、不安のある方も、事前にしっかりとヒアリングを行いますのでご安心ください。

4.治療スタート

事前にご説明させていただいた治療計画に基づいて治療および口腔内のケアを行っていきます。

5.治療終了

治療後はできるかぎり定期健診をお勧めしています。お口を健康に保つことは、体の健康にも大きく影響するからです。健診では、再び不調を起こす前に定期的にご訪問し、お口の中を健康に・清潔に保つお手伝いをしていきます。


訪問診療の対象となる患者様


  • 何らかの理由によって自力通院が困難な方が対象です。個別のケースによって違いがありますので、ご心配な場合はあらかじめご相談ください。
  • 訪問診療に伺う範囲は、健康保険の規定により医院から半径16km以内の患者さまが対象となります

半径16㎞の目安。


名古屋市のほか、日進市・豊明市・みよし市・知立市・刈谷市・大府市・弥富市・津島市なども一部範囲に含まれます。ご自宅からの距離を確認するためには、下記のサイトが便利です。


16kmの範囲内か調べる(外部サイト)


ご本人の様子を伺いながら治療を進められるから安心。


往診に関するFAQ(よくある質問)


Q:保険は適用されますか?


A:各種保険適用となりますので、訪問日には保険証をご用意ください。  
訪問診療にかかる費用は次の3つです。  

診療費+指導費+治療費  

診療費:診察料
指導費:口腔内のお手入れ・清掃など※
治療費:むし歯治療・入れ歯の作製など  

※介護認定を受けている(要支援・要介護)方は指導費に対して介護保険が適用されます。

Q:起き上がるのが難しくても大丈夫でしょうか?

A:通院困難な方を対象とした訪問診療ですので「座った体制が保てない」といった個別のお悩みにも対応いたします。ベッドで治療をすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。  
※万一、治療が困難な場合は、無理のない安全な範囲でできる最適な方法をご提案させていただきます。

Q:症状がないと往診してもらえないでしょうか?

A:むし歯などの症状がなくても訪問が可能です。お口のチェックやクリーニング、嚥下(飲み込みの練習)なども訪問診療に含まれます。体が不自由な方の場合、症状がなくてもお口のケアが十分にできていないことがあるので、健診をお勧めしています。

Q:支払方法を教えてください。  

現金でのお支払いをお願いしております。月初の往診時に費用を頂戴しております。  


お電話またはFAXからお気軽にお問い合わせください


一般歯科

お口の中の不快でお困りの方へ


一般歯科とは、歯が痛い、歯ぐきが痛い、冷たいものがしみる、などのお口の中のトラブルを改善・治療を行うことを言います。

多くの場合、以下のようなものです

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 入れ歯
  • 差し歯 など

つまり、一般的に皆さんがイメージされている「歯医者さん」の治療をしている、ということになりますね。

なみき通り歯科では、この一般歯科の治療のほとんどを保険の範囲内で治療しています。

的確な診断に基づく治療をご提供するのはもとより、当院では、治療だけでなく、治療完了後

「どうすればまた虫歯にならずに済むのか?」
「この健康な状態を保つためには、毎日の生活の中で何を気をつければいいか?」

というアドバイスまでさせて頂きます。

そのために、歯科医師・歯科衛生士・歯科助手のチームで、患者さまの症状や生活習慣を把握し、的確な治療・アドバイスを行って行きます。

また当院では、全ての患者様に最先端の機器を使用しております。


個室/半個室の診療室

マイクロスコープ(拡大顕微鏡)


歯科用CTスキャンを使った治療

高機能滅菌器(DAC)

より精度が高い治療を、保険内で受けていただくことができます。

ただし、患者様のお口により馴染むものや、見た目を美しく長持ちする素材をご希望される場合は、自費治療となります。
そのあたりのご説明は、事前にしっかりとお伝えいたしますのでご安心ください。


虫歯治療


う蝕歯(虫歯)の治療を行います。


歯周病治療


歯周の痛みや知覚過敏など、歯周病の治療を行います。重度の場合は、外科的治療も可能です。    


かぶせもの  


詰め物・かぶせものを行います。「昔詰めた銀歯を白いものに変えたい」などの処置も可能です。  


唾液検査    


虫歯の原因を探り、再発を防止するために唾液検査を行い、どのような虫歯リスクが口内に潜んでいるのかを分析・ご説明いたします。    
費用:1回3,000円〜


よくあるご質問


治療にはどれぐらい時間がかかりますか?


治療内容によって異なりますが、大体1回あたり30分程度です。  
ただし、

「◯月◯日の旅行までに治療を完了したい」
「1回になるべくまとめて治療してほしい」

などのご希望があれば、極力ご希望にそうように治療計画を調整させて頂きますので、ご相談ください。  


治療に痛みはありますか?  


治療前に麻酔をさせて頂きますので、治療そのものに伴う痛みは少ないかと思います。  
麻酔注射にともなう痛みはございますので、麻酔前には麻酔シール(塗る麻酔)をしてから注射をいたします。  
また、麻酔が切れたあとの痛みが考えられる患者さまには、鎮痛用のお薬を処方しております。  

なお、お薬は院外処方となりますので、当院が入っているビル(メディコート)の1Fにある調剤薬局かもしくは患者さまのご自宅や学校、職場の近くにある薬局でお薬をお受け取り頂けます。


一般歯科メニュー(診療科目 )


該当する箇所を押すと、詳しいページに移動します。

口腔外科

小児歯科・お子様

定期健診・予防歯科

矯正歯科

歯周病  

審美歯科・ホワイトニング  

インプラント

訪問歯科


小児歯科・お子様

小さなお子様が安心して通える歯医者さん。 お口の健康を守るため様々な工夫をしています。


院長 安藤の思い


小児歯科の仕事は、お子さまの虫歯を治療するだけではありません。
お子さんの健やかな成長を歯科医の立場から応援していくことも大切な使命と考えています。

虫歯が1本もないときから診療を開始し、親御さんと一緒になって、お子さまの健康で丈夫な美しい歯を育てていきたいと考えています。  

小さなお子様でも苦手意識を持たずに来ていただけるよう、痛みのないフッ素ジェルの塗布や、シーラントによる予防法の導入、また麻酔注射を行わない治療など、なるべくストレスを感じずリラックスできるような工夫をしています。


カラフルな診療ルーム

キッズスペース


閉塞感のないロビー

正しい噛み合わせを獲得


治療メニュー


咬合育成


歯の噛み合わせ(=咬合)の善し悪しは、姿勢・呼吸・食べ方・話し方などからだの様々な部分と密接に関係しており、正しい噛み合わせを手に入れることで、虫歯になりにくい健康な口内を手に入れることができるだけでなく、全身にもよい影響をもたらすことが期待できます。  
咬合育成では、成長途上の顎を床拡大装置により適切なサイズにまで成長させ、歯が正しい位置におさまるように導きます。痛みや抜歯を伴わずに、正しい咬合のために必要なスペースをつくることで歯列の自然な成長をサポートする方法です。


フッ素ジェル塗布


お子様の歯にジェル状のフッ素を塗布することで、虫歯菌によって溶け出してしまった歯の再石灰化を促進、    
歯質を強化して虫歯になりにくくします。少ないストレスで虫歯予防効果があります。    


シーラント    


虫歯になりやすいお子様の奥歯の溝に樹脂を詰めて予防する方法です。 主に6歳臼歯などの永久歯に施します。      
歯の溝からの虫歯予防に効果的です。 日頃のブラッシングや定期健診と組み合わせて行います。    


ブラッシング指導  


幼いうちからのブラッシング習慣が健康な口腔内環境をつくります。
小さいお子様の仕上げブラッシングの方法などをアドバイスいたします。


主にお子さまの歯が生えはじめた乳児~歯が生え変わるまでの、歯のトラブルに対応しています。

日々、数多くご来院いただく患者様の中で、親子連れの割合は高いです。
なみき通り歯科では、「歯医者さんは怖いもの」「歯の治療は痛いもの」という先入観をお子様が持たないように心がけて治療にあたっています。

小さなお子様は、歯医者さんへ行くということだけでなく、検査、治療など、すべて初めての経験ばかりなので、それだけで怖いものですよね。

そんなお子様の不安な気持ちを少しでも和らげるために、キッズルームをご用意しています。  

また、なみき通り歯科では嫌がるお子様に、無理に早急な治療をすることはいたしません。  
痛みがあれば、まずは痛くない治療で痛みを止めてから本格的な治療に入ります。  

痛みがひどくなければ、はじめのうちはなみき通り歯科に来ていただいて、遊んで慣れてもらうだけでも構いません。  

当院では簡単な歯磨き指導や、安全な治療器具を見せたり触ってもらったりすることもあります。  

なみき通り歯科のスタッフは子供好きばかりなので、お子様とのコミュニケーションをとりながら少しずつ治療を進めていきます。  

子供の歯というのは、大人の歯と比較してやわらかく、虫歯が進行しやすいと言えます。  
そのため早めの治療はもちろん、虫歯にならない食生活や歯みがきがとても大切なのです。  

さらに生まれたばかりの赤ちゃんは、虫歯菌を持っていることがほとんどありません。  
口移しでご飯をあげるなど、大人と接触することで虫歯菌をもらってしまいます。  

虫歯菌に感染するのは5歳くらいまで。  
その間に感染をしなければ虫歯になりにくいと言われています。  


ですから、小さいうちから虫歯菌をお口の中で増やさないようにすることも大切ですね。    

きちんとした歯みがき習慣と、きちんとした歯みがき方法を学んで、健康な歯をキープしましょう。    

また今のお子様はお顔が小さいために、歯並びが悪くなる傾向が多くみられます。    
早めにご来院いただくことで、永久歯の生え替わりの時期に合わせて、無理のない矯正治療をすることができます。    
お子様の歯の状態で心配なこと、不安なことがある場合はお早めに一度ご相談ください。

歯並び・かみ合わせ治療について詳しくはこちら


よくあるご質問


フッ素塗布をすると虫歯予防になると聞きました。いつから始めればいいですか?

乳歯でも永久歯でも生えて間もないときは、フッ素の効果は高いです。歯が生えてきたらできるだけ早い時期からフッ素塗布をしましょう。
しかし、フッ素を塗れば大丈夫なのではなく大切なのは歯みがきの習慣やきちんとした食生活をすることです。

かみ合わせが反対です。いつから歯医者にかかったらいいですか?  

反対のかみ合わせは永久歯交換期に自然に治ることもありますが、遺伝的要因があると自然には治りにくいです。  
あごの大きさの問題なのか、歯の傾きが原因なのか4~5歳ごろになると精密な検査ができ、治療することも可能です。  
それ以前でも定期的に小児歯科専門医を受診し、診査してもらうことが大切です。


定期健診・予防歯科

あなたは、いくつ思い当たりますか?


  • 冷たい飲み物で、歯がしみる時がある
  • 毎日歯を磨いているのに、黄ばんでいる(もしくは黒ずんでいる)歯がある
  • 人と近くで話していると、自分の口臭が相手に気づかれていないか気になる

ふとした時に、なんとなく感じたことのあること。
でも、いつも気になるわけではないので、問題ないと思っていませんか?

—もしこれらが、あなたのお口のトラブルを知らせるシグナルだとしたら・・・
あなた今、お口の中で起きている深刻なトラブルを、放置してしまっているかもしれません。


「これ以上、歯科医院で痛い思いをしたくない!」
と思っているなら・・・


【痛い=虫歯】という、大きな勘違い。


あなたはご存知でしたか?


虫歯のほとんどは、進行している最中に痛みを生じません。


そのため、虫歯は放置され、あなたの知らないうちにどんどん進行悪化していきます。  

「今痛くないし、食事も普通に出来てるから、私は大丈夫。」  
あなたがもし、今までこう思っていたなら・・・  
もしかすると、気付かないうちにどんどん虫歯が進行している可能性があります。  
痛みを感じ始める時は、もう手遅れになってしまった時だからです。


でも、もし早い段階で虫歯を発見出来ていれば・・・


簡単な応急処置のみで済むか、もしくはもっと早い段階で発見出来れば、治療せず経過観察で済むことだってあります。  
あなたは歯科医院で痛い思いをしながら治療を受けることはありません。  
虫歯治療のために、何度も通院する必要も無くなるのです。


多くの人が知らない事実。


もし万が一、あなたの歯に強い痛みが生じてしまったら・・・


歯に大きな痛みを感じるようになった時は、虫歯が大きく進行し、歯の神経まで到達してしまっている可能性があります。
虫歯の細菌が神経に到達するということは、神経が細菌感染してしまっているので、その感染した神経を取らなければなりません。



それは、歯の「死」を意味します。


歯は死んでしまうと、一気に弱く脆くなってしまいます。
少し硬い食べ物を噛んだだけで、簡単に欠けたり、割れてしまう可能性があるのです。



緑の葉をつけたみずみずしい生きている木の枝はとても丈夫なので、強い風が吹いても簡単に折れてしまうことはありません。
健康な歯で食事をしている時は、なんでも美味しく食べられます。
噛む事によって、食感、温度、味を感じることが出来るからです。
硬いものも難なく食べられます。
ちなみに、健康な歯は最大90キロ以上の噛む力を発揮出来るとも言われています。


定期健診は、
“最も簡単シンプル”な健康とアンチエイジング


では、どうしたらあなたの心配を全て解決出来るのでしょうか?
今すぐ、あなたに出来ることが一つだけあります。それは、


『定期的な虫歯のチェック』

これこそが、最もシンプルで簡単な解決方法です。
定期健診を受診することで、あなたはもう、痛い思いをして歯科医院に行くことは無くなるでしょう。

ここに、もう一つの驚くべき調査結果があります。
日本は、諸外国の中でも飛躍的な医療の進歩のおかげで、平均寿命が80歳を超えているという現状があるにも関わらず、80歳の時点でほとんど歯が残っていないという事実がわかりました。
スウェーデンなどの諸外国と比べると、歴然の差が見られます。



これは、食文化や人種の違いではありません。
とりわけ日本の歯科医療が遅れているというわけでもありません。


『定期健診の受診率の違い』  


たったこれだけです。  
これだけの違いで、日本人のお年寄りのほとんどは歯が無いため、入れ歯になってしまっているのです。  
歳をとれば、歯が悪くなるのはしょうがないことだと思っているのは、日本人だけなのです。  

スウェーデンでは国の施策により、9割以上の国民が当たり前のように幼少期から歯の定期健診を受けています。  
80歳の時点でほとんどの歯が残っているため、日本人のような大きな入れ歯で食事をしている方はほとんどいないのです。



そして、この“定期的”というところが、最も重要なポイントになります。
定期的でなければ、いくら来院時に長時間念入りにクリーニングを行っても、すぐ悪い状況に戻ってしまいます。

定期的に歯のクリーニングをするために歯科医院に行くことによって、 着色や歯石を定期的に取り除くことが出来るので、健康でいられるだけでなく、美しく清潔な状態をいつまでも保つことが可能となります。

口臭の心配からも解放されます。いつまでも美味しく食事を摂ることが出来ます。
あなたにとって歯科医院は、健康と美を保つためのアンチエイジングの場となるでしょう。



なみき通り歯科の定期健診だから実感出来る、
3つのメリットとは?


1.お口の病気の早期発見と予防が可能


定期健診専用の医療設備と機器で、病気のリスク診断と確実な早期発見が可能に!



先ほどお伝えした通り、虫歯は進行中ほとんど痛みを生じません。
そこで、重要になってくるのは、定期健診による確実な虫歯・歯周病の早期発見と予防なります。
なみき通り歯科では、歯科用CTやデジタルレントゲンを使った、より精密な検査を受けていただくことが出来ます。それによって、確実な病気の早期発見が可能となります。
また、一人ひとりの「虫歯になりやすさ」は人それぞれ違います。なみき通り歯科では、「虫歯になりやすさ」を検査するための唾液検査を受けていただくことが出来ます。その検査結果から、あなたに最も合った予防プランを提案することによって、確実な虫歯・歯周病予防が可能となるのです。


2.定期的な着色・歯石除去で美しく清潔なお口元をキープ


歯ブラシでは、たった6割の汚れしか除去出来ない!?
毎日歯ブラシで丁寧に歯を磨いても、たった60%の汚れしか除去出来ないことを、ご存知でしたか?
残念ながらこの残ってしまった汚れは、歯磨き粉やうがい薬でカバーすることは不可能です。



そこで、デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを兼用することによって、80%まで汚れを除去することが可能となります。
ですが、残ってしまった20%の汚れは、一体どうなってしまうのでしょうか・・・
なみき通り歯科が、あなたに定期的な歯科医院での健診をお勧めする大きな理由はそこにあります。

どれだけお家で丁寧に歯を磨いても、デンタルフロスや歯間ブラシを兼用していても、20%の汚れが残ってしまい、お口の中でどんどん蓄積していきます。

毎日歯を磨いているのに、どうして歯の黄ばみや着色が残ってしまうのか、不思議に思ったことはありませんか?

念入りに磨いても取れず、だんだんひどくなっている気がしたことはありませんか?
歯科医院での歯のクリーニングは、歯周病の方だけに必要な治療ではなく、すべての人に必要不可欠な健康ケアなのです。


3.ご自身での管理が不可能な『口臭』を解決!


他人の口臭を不快に感じている人が、8割以上もいるという事実。



江崎グリコが発表した「人との距離感覚に関する意識調査」によると、人との距離が近づいたときに不快に感じることの第1位が口臭(83.4%)でした。
口臭は目に見えない上に、嗅覚の性質上、自分で気付くことが出来ません。これほど多くの人が不快に感じている理由はそこにあります。髪の毛やお肌などの目に見える部分のケアは出来ても、自分で気付くことが出来ない口臭のケア管理は怠ってしまうのです。

それだけではありません。

口臭は市販の歯磨き粉やうがい薬での解決は、とても困難だと言えます。なぜなら、口臭の原因は人によって様々だからです。病気が原因で口臭が起きている可能性もあります。その場合は、病気の早期発見、治療による口臭問題の解決が必要となります。
定期健診で定期的に口臭のチェックを行い、ケア対策が出来れば、エチケットとしての健康管理と、相手への配慮にもなるのです。


どうして、なみき通り歯科の定期健診は
あなたに「健康」をお約束出来るのか?



虫歯に「させない」ための“ メディカルトリートメントモデル“


なみき通り歯科では、お越しになる全ての方の虫歯や歯周病などの病気を「予防」し、「健康な状態を長く保つ」ことを目標にしています。
そのためには、病気の原因となる、ご家庭での普段のブラッシングではとれないバイオフィルム(歯の汚れの蓄積)を定期的に除去したり、虫歯になりにくい食生活を指導したり、唾液検査で普段の生活にひそむ虫歯リスクを明らかにするなど、専門医による定期的なトリートメントを行うことが非常に重要になります。
一人ひとりにあったトリートメント方法をオーダーメイドで組み立てて実施する、それが「メディカルトリートメントモデル(MTM)」です。


痛くなる前に通う歯医者をめざします  


日本では「歯医者は虫歯が痛くなってから行くもの」という意識がまだまだ根強いですが、北欧スウェーデンなどの歯科先進国では、病気の情報について十分な説明を受け、病気を防ぐためのメンテナンスをすることは常識になっています。  
私たちも、そのように皆さまの生涯にわたるお口の健康管理を安心してお任せいただけるよう、新しい歯科治療の在り方に取り組んでいます。  


“歯医者に通いながら歯を失って行く”これまでの歯科医療を見直します。


歯医者に通いながらも、天然の歯が次々と失われて行く現在の歯科医療。
これは、「虫歯になったら(歯周病になったら)、歯を削ったり抜いたりして治すもの」という常識が、日本の社会において根強く浸透していることの証明でもあります。



「削らない」「抜かない」そのために必要なこと


DMFT指数の大幅な向上を目指します。  
なみき通り歯科では、DMFT指数(虫歯になった歯、抜いた歯、詰め物をした歯など、歯本来の状態ではなくなった歯の割合を示します)を大幅に減らすことを、目指しています。  

虫歯になってしまった歯は治療が必要ですが、歯をすぐに「抜いたり」「削ったり」するのではなく、その原因となる「元」を早期に見つけ、抜いたり削ったりする必要がない状態を保つという目的を徹底することが重要です。  
「治療が必要な状態にさせない」ことをモットーに、メディカルトリートメントモデルを軸とした治療行為を行っていきます。


DMFT指数
すべての歯のうち、歯本来の状態ではなくなってしまった歯(虫歯になった歯、抜いた歯、削った歯、詰め物をした歯)の割合を差します。
このDMFT指数を下げることが、歯科医療の本来的な目的です。


予防のための基礎的アプローチ(MTM)


なみき通り歯科では、お越しいただくすべての方の口内の健康を守るために、「予防歯科」としての基礎的なアプローチを実施しています。

  • CT・レントゲン・口腔内写真でまず自分の歯を「知る」
  • 唾液検査で、自分の歯に潜むリスクを「見つける」
  • クリーニングやフッ素塗布、毎日のブラッシング指導で自分の歯を「守る」

レントゲン・口腔内写真


当院ではまずはかならず口腔内写真を撮影します。その写真を使って、患者さまにお口の中の状況をご説明します。
わかりやすく写真で残すことで、治療の成果もはかりやすくなります 。


唾液検査



唾液の量、緩衝力、菌の有無・種類・量など7項目をチェックし、データから導かれるリスク(どのような原因で虫歯や歯周病になりやすいか)と、リスクに対応した予防法をご説明します。

*私たちなみき通り歯科は、 全身の健康のケアの入口としての歯科医療を重視し、 「治療が必要ない」状態を生涯に渡って長く保つための オーダーメイドのメディカルトリートメントモデルを提供していきます。*

私たちなみき通り歯科のミッション


“予防を通じて健全な歯を持てるような医療をする人こそ「最高の歯科医だ」と賞賛されるような社会を、我々は作らなければならない”

―これは、1869年に予防歯科の第一人者であるアメリカの歯科医師Brockawayの言葉です。

なみき通り歯科は、全身の健康の第一歩としての歯科医療を重視し、患者さまが「治療が必要ない」状態を保つことができ、生涯に渡って健康な歯で過ごして頂くために必要な歯科医療を提供してまいります。

PC、スマートフォンでできる「お口の健康管理」

なみき通り歯科の定期健診では、お口の情報(レントゲン、検査結果、歯科衛生士のコメントなど)をご自身のスマートフォンやパソコンからご確認いただくことができます。全国約50の予防歯科医院で利用される当サービスの詳細については、以下のリンクからご確認ください。


ご予約・無料メール相談について


矯正歯科

なみき通り歯科の矯正治療



見た目を綺麗に整えるだけでなく、噛み合わせのバランスまで改善し、 しっかり噛めるようにします。


矯正歯科では、一般的に不正咬合、(出っ歯・乱ぐい歯・八重歯・受け口)など噛み合わせの悪い歯並びが気になる方などにおいて、審美的、機能(咀嚼・嚥下・発語)的に改善をしていく治療を行います。自分の歯を生かしたまま治療します。

簡単にいえば見た目にも美しく、健康的なお口まわりにする、ということですが、歯並びを美しくするだけでなく、歯槽膿漏・虫歯・咀嚼障害等の病気を予防するためにも重要で、歯の寿命を延ばす予防効果もあります。

当院では部分的な矯正歯科なども行う事ができます。
この治療は、大人と子供では異なります。

なみき通り歯科では、大人の矯正も、子供の矯正も行っております。
なお、歯科矯正の治療は保険適用外となるため「自費診療」となります。

矯正歯科とは、歯並びの不具合を治療することを言います。
しかし、ただ単に見栄えを良くする為を目的として矯正するのではなく、機能(咀嚼・嚥下・発語)回復の面においても非常に重要なことです。


歯並びや噛み合わせが悪いと次のような症状が起こることがあります


  • 良く噛めない
  • 発音に影響する
  • 歯が磨きづらく、虫歯や歯周病になりやすい
  • 顔の印象が変わる

矯正治療を行うことによって、これらの予防や抑制、回復に努めることができます。
当院では患者様の肉体的、精神的、社会的な健康の向上を目指しております。


矯正歯科の種類


子どもの矯正治療



子どもの歯が何本か残っている状態から大人の歯へと生え変わるまでの成長期間中に、理想的な骨格を目指した矯正治療を行います。適正な時期がありますので、一度早めにご来院ください。

乳歯の歯並びが乱れている場合は、取り外し可能なねじ式の矯正装置を入れて、歯並びの乱れを整えるためのスペースを確保するために、装置を利用して顎を広げるのが基本的な治療となります。

成長期のお子様は、これから生えてくる永久歯のためのスペースを拡げることで、まっすぐに歯が生え、歯並びが良くなることが多いからです。  

お子様によって成長には違いがありますので、お子様の成長に合わせて様子を見ながら行う必要があります。そのため定期的に来院していただくことになります。

歯並びを正常にすることは、見た目だけでなく咀嚼する力、発音、虫歯や歯周病予防の向上にもつながっています。  
とくに成長期のお子様は、あごの発育に影響を及ぼす場合もありますので、早めにご相談いただくことをお勧めします。


大人の矯正治療





大人の矯正では、歯の全体に「ブラケット」という矯正装置をつけ、歯を移動させる治療を行います。
歯を支えている顎の骨や歯肉の状態が健康であれば、年齢に関係なくどなたでも治療をお受けになることができます。
ただし、ガタガタの歯並びの場合には症例にもよりますが、何本か歯を抜いて治療する場合もあります。
大人の矯正ではワイヤーとブラケットを使う、いわゆる針金をつける治療と、透明なマウスピースをつける治療があります。

これまでは針金をつける矯正治療が主流でしたが、装着時の見た目が悪かったり、ワイヤーによりお口の中を傷つけて痛みを伴ったり、しゃべりづらかったりと、少なからず負担がありました。  
そんなデメリットを解消するのがマウスピースによる矯正治療です。

マウスピース式では、まず歯の型取りを行いCTスキャンにより分析をし、複数のマウスピースで矯正していきます。  
治療完了まで、どのように歯が移動して矯正されていくのかをコンピュータ上でシミュレーションできるため、治療経過もきちんと把握することができます。  
マウスピースは食事の際にははずすこともでき、透明のため見た目も気にならず、痛みもほとんどありません。  
針金式に比べると若干高価ですが、患者さんの負担は大きく軽減します。


部分矯正治療


歯並びの気になる一部分を治療します。
歯周病や虫歯の治療の為に行うこともあります。

全部の歯を矯正するのはちょっと…といった場合でも、部分矯正であれば気になる部分だけを整えることもできます。

まずは一度、歯科医師にご相談ください。

お問い合わせはこちらから


治療メニュー


セラミックブラケット


永久歯が生え揃ってから行う矯正治療です。
銀色の金具ではなく、透明な部分の多いマルチブラケットを使用することで、従来より大幅に目立たないようになっています。


インビザライン


インビザラインはオーダーメイドで製作する薄い透明なマウスピース型装置を装着して行う矯正の方法です。
装着していても周囲から気づかれることはほとんどありません。 従来の表側矯正のように「人前で笑うのが恥ずかしい」
「会話や食事の際に口元を見せるのが苦になる」というデメリットを気にする必要がありません。
職場や学校での見た目が気になる方はもちろん、金属アレルギーのある方にもおすすめの新しい矯正方法です。

インビザラインの特徴 "目立たずに効果を出す!"

  • 患者さまごとに透明のマウスピースを作成。装着感がよく、まわりからも気づかれにくい外見です。
  • 装着目安時間が決まっていますので、それ以外の時間はご自分で取り外しができます。
  • お手入れ用のクリーニング材で、通院しなくてもご自宅でお手入れ可能です。

舌側矯正


舌側矯正は矯正装置を歯の裏側に装着するので、インビザラインと同様、他の人にほとんど気づかれないで治療ができます。  
治療期間も表側の矯正とほぼ変わらない期間で終わり、装着中の違和感や発音のしづらさも従来より軽減されています。
歯の裏側に装着するため、歯の表面のエナメル質を傷つけることがないのも特徴の1つです。

床矯正

床矯正は発育途中の子供のあごの骨を正常に発育させ、美しい歯列に導くための矯正装置です。
費用も10万円~20万円と、通常の矯正よりも安く抑えられます。
子供の内にあごの発育を促進させることで、自然に歯ならびを整えることができます。


Q&Aよくあるご質問


矯正器具を付けていると目立ちますか?


矯正器具というと「口を開けると全面に銀色の金具が付いている」というイメージが強いかもしれませんが、 最近の矯正では、透明なマウスピースをはめるだけの目立たない矯正「インビザライン」や、歯の内側に付ける「舌側矯正」、 また普通の矯正でもできるだけ透明な器具を使って行うのが主流となっています。
「職場や学校で目立つのは嫌だ」というのは、やはり皆さま気にされるところですので、ご希望にあわせた施術方法をご提案させて頂きます。


虫歯がある場合、すべての虫歯を直してからでないと矯正はできませんか?  


矯正器具をつけていると、つけていない場合に比べて多少歯磨きがしづらくなるために、虫歯のリスクは若干高まります。  
そのため、出来れば矯正開始前に虫歯は治療しておくことをおすすめしております。  
(矯正期間中に虫歯にならないようなケアの方法はアドバイスさせて頂きますので、ご安心ください。)  


知覚過敏なのですが、矯正はできますか?  


虫歯と同様、知覚過敏もある程度治療してからの矯正開始が望ましいといえます。  
知覚過敏の程度や、行う矯正のタイプによっても異なりますので、詳しくはカウンセリング時に医師までお気軽にご相談下さい。  


費用はどれぐらいかかりますか?    


矯正の方法や現在の歯の状態、目指す状態によって、費用はかわってきます。
ご予算の中でプランニングすることも可能ですし、ご相談はもちろん無料ですので、歯並びにコンプレックスがあったり、矯正についてご興味をお持ちの方は、どうぞお気軽に歯科医師、矯正医、スタッフまでご相談下さい!

無料メール相談もご利用ください。


口腔外科

親知らずや顎関節症が心配、お困りの方へ


歯科で扱う病気の大部分は虫歯と歯周病ですが、これら以外にも口の中の病気があります。  
 
事故などで顎の骨が折れることもありますし、腫瘍ができることもあります。  
抜歯、歯の炎症や外傷の処置、口腔内の疾患の早期発見などを行ないます。  
 
お口のトラブルは放置すると、思わぬ結果に結びつくことがあります。  
痛くない、怖くない治療を行うなみき通り歯科なら、カウンセリングを元に最適な診察・治療をお約束いたします。  
 
ネットでご予約も出来ますので、気になったらまずお越しくださることをお勧めいたします。  

ネット予約はこちら

無料のメール相談もできます


インプラント

失われた歯を取り戻し、健康的な生活といきいきとした美しさを取り戻すお手伝いをします。


インプラント診断シミュレーション画像


こんなお悩みありませんか?


  • 歯を失ってしまい、噛むことや話すことが難しくなった
  • 入れ歯だと歯が動いて安定しない
  • 入れ歯にしてから食べ物の味や温度が分からなくなった
  • 入れ歯だと取り外しての手入れが大変
  • 歯を失ったが、旅行先などで手入れの手間をかけたくない
  • ブリッジだと金属が見えてしまう
  • 思い切り硬いものを食べたい

インプラントとは、歯を失った部分にチタン製の小さな人工歯根を埋め込んでしっかり固定した後、人工の歯を装着する治療の事を言います。
インプラントはブリッジや入れ歯に比べてぐらぐらする、強く噛めないなどの欠点を克服した治療法です。
施術後の口腔環境も良好に保てるといわれ、何らかの理由で歯を失ってしまった人に対して、幅広く施術されています。

インプラント治療は60年以上の歴史がありますが臨床結果が優れていることが世界的に知られるようになったのは、1980年代になってからです。
現在でも様々な研究・技術が改良されて向上しています。


入れ歯の不満がすべて解消します!


ご相談にこられる方の中には、入れ歯に不満をお持ちの方が多くいらっしゃいます。

食事の時にうまく噛めない、食べ物が挟まる、話をしている時にずれる、しゃべりづらい、普通に生活していても違和感がある、調整に通うのが大変、洗浄に手間がかかる、臭いが気になる…などなど。

こうした入れ歯への不満は数え上げたらキリがありません。
そんな入れ歯の不満を解消できるのがインプラント治療です。


インプラントの特長


強い力で噛める


入れ歯は天然歯の5分の1の強さでしか噛むことができませんが、インプラントならば天然歯とほぼ同じ強さで噛んでいただくことができます。  


臭わない


インプラントは天然の歯と同じため、入れ歯のような口臭は発生しません。    
臭いを気にせず生活していただけます。


取り外して洗浄する手間がない


インプラントは一度設置してしまえば天然の歯と扱いは同じです。      
取り外して洗浄する必要はありません。      


異物感がない


インプラントの使用感は自分の歯と同じです。        
入れ歯や差し歯のような異物感はありません。


不意にはずれる心配がない


入れ歯は、ちょっとした圧力で不意にはずれてしまうことがありますが、インプラントならしっかりと固定されていますので、ずれる心配もありません。


自由な表情が作れる


入れ歯がはずれることや、口臭が気になってしまうと、自由に表情が作れません。          
インプラントならお口を気にすることなく表情が豊かになり、人と会うことに自信が持てるようになります。

ご不明な点や、不安がありましたら、お問い合わせ頂くか、一度初診をご予約下さい。
初診の場合は、まずは通常の保険診療で、患者様の状態を検査します。
その上で、インプラントを含めその方に合った最適な治療法をご提案いたします。
しかし、あくまでもインプラントは治療法の1つです。


インプラントのメリット


1.噛むことのできる喜び


しっかりと歯槽骨に固定されていますので、グラグラすることがなく本来の自分の歯と同じようにしっかり噛むことができます。


2.健康な歯はそのままに  


入れ歯やブリッジと異なり、他の健康な歯を傷めたり削ったりする事がありません。  
また他の歯への負担もありませんので、本来の噛み合わせを維持する事ができます。


3、審美面での自信


インプラントは機能も然る事ながら、審美面においてもその他の治療に比べて大変優れています。    
口元のコンプレックスも、これからは満面の笑顔に変わることでしょう。


インプラントの治療例


前歯を1本失った場合


従来の治療法(ブリッジ)は欠損した両側の健康な歯を削る必要がありましたが、インプラントであれば健康な歯を削ることなく天然の歯と区別がつかない歯並びを再現する事ができます。


奥歯を失った場合  


従来の治療法(部分入れ歯)は、金属の止め具を使用しているために違和感があったり見た目も良くありませんでした。  

しかしインプラントであれば、止め具などを使用しませんので違和感もありませんし、何よりしっかり固定されているので固いものを食べてもグラグラすることなく安心です。


全ての歯を失った場合  


従来の治療法(総入れ歯)では、入れ歯がズレたり食べ物が内側に入って痛くなることがありました。  
しかしインプラントであればご自分の歯のようにしっかりした噛みごこちで、安心して食事を楽しむことができます。  
入れ歯のように外れることもありません。

なお、総入れ歯を安定させるためのインプラント治療法もあります。
詳しく知りたい方は、お気軽にお越しください。
現在の口腔内の状況を検査・診断を行い、最適な方法をご提案いたします。


当院のインプラント治療のこだわり


インプラントは歯を失った方にとって最良の治療法といえます。

しかし外科的手術を伴う治療となるため、安全性と正確性を厳守した治療でなくてはなりません。

当院では、特に下記3点を重視した「わかりやすく」「望む結果を得られる」インプラントの施術を進めております。


なみき通り歯科のインプラントの特徴


1.初診から徹底的にデータをとる


インプラントの適切な施術のためには、なによりもまず患者さまの口内の状態を正確に、可能な限り細部まで把握することが大切です。
当院では、原則すべての症例でレントゲンではなくCTを使って咬合の特徴や歯の状況、顎骨の形状など、細かくデータを取っていきます。  


2.BioNaを用いた綿密なデジタルシミュレーション


集めたデータを、インプラント用のシミュレーションソフト「BioNa」で分析し、患者さまにぴったりのインプラントの施術方法をあらかじめシミュレーションします。
精細なシミュレーションの上で、納得できる治療方針が決定した後に、初めて実際の治療が始まります。


3.じっくりと丁寧なカウンセリング


採取したデータやシミュレーション結果は、患者さまへかならずご説明させていただきます。
インプラントや詰め物、被せものはこれから一生涯のお付き合いになるものですので、あらかじめ不安をすべて解消していただき、これからどんな治療をし、それによってどんな結果がもたらされるのかを患者さまにご理解頂けるように、大学病院等でインプラント施術の経験を数多く持つ当院医師が、じっくりと時間をとってご説明させていただきます。


治療前の検査・診断を徹底しています


歯科用CT


これまでのインプラント治療では、顎の骨に埋め込む際、骨内部の構造や神経の場所などは外科手術で切開していました。
歯科用CTを使えば、切開せずとも口腔内の構造が3Dで細やかに映し出されるため、治療前の時点で正しい診断ができます。


サージカルガイド


歯科用CTの画像をもとに、正しい位置にインプラントを埋入できるよう設計された装置(サージカルガイド)を作ります。
それを口腔内に設置すれば、神経や血管などを避け、1mm単位でコントロールされた正確なポイントに埋入することができます。

安全性が高まるほか、切開を最小限に抑えて負担を軽減できる、手術が短時間で終わるなどのメリットがあります。


世界トップブランドの素材を使用しています


体の中に入れるものだからこそ、品質を第一に選んでいます。  
当院で使用しているインプラントは、製薬・医療器具の世界的メーカーのものです。

インプラント治療が終了した後、定期的なメインテナンスをされていた患者様で、万一不具合が発生した場合は、アフターフォローを致します。


インプラント治療の流れ


インプラント治療の流れ イメージ図

インプラント治療の流れ イメージ図


下記の内容は基本的な流れです。前後することもあります。


1.カウンセリング


まずは患者様の口腔内の状態を診て、インプラント治療に関する説明を行います。
疑問点や不安点にお答えします。


2.精密検査


歯科用CTなどを使用して、より詳しく口腔内の状態を調べます。
CTスキャンの画像を、解析し、安全な治療方法を患者様と共にシミュレーションします。
この結果を踏まえて治療計画を立て、ご説明のうえ納得いただけたら治療をスタートします。


3.一次手術


歯科用CTの画像をもとにサージカルガイド(必要に応じて)を作成し、インプラントを埋入する手術を行います。


4.保定期間


インプラントと顎の骨が結合するまで待ちます。
個人差はありますが、およそ3ヶ月~6ヵ月間ほどかかります。


5.二次手術


インプラントの上部を出して、アバットメントという連結部分を装着する手術を行います。


6.人口歯の装着


約1~6週間後、インプラントと骨が結合していることを確認できたら、連結部分に人口の義歯を取り付けます。
これからは食べる喜びや素敵な笑顔を十分楽しんで下さい。


7.術後の定期的なメインテナンス


これからは食べる喜びや素敵な笑顔を十分楽しんで下さい。
インプラントも天然歯と同様に歯を支える周りの組織が細菌(プラーク)によって破壊されて食事が困難になってしまうこともあります。
その後のメインテナンスが重要です。
治療後は約3ヶ月~6ヵ月ごとに定期的なメインテナンスをおすすめしています。

費用について

お気軽に、お問い合わせください。

無料メール相談もできます


なみき通り歯科のインプラント・6つのお約束


安心してインプラント治療をお受けいただけるよう6つの事項をお約束いたします。


1.高い治療レベル


インプラント治療の技術は日進月歩です。
業界では常に新しい技術や治療コンセプトが生み出されていますので、ドクターは常にインプラントの講習会・研修会に参加し、新しい技術を取り入れ、知識のアップデートをし、臨床にフィードバックしております。
また専属の歯科技工士と連携しながら、審美的にも機能的にもご満足いただける歯をご提供しております。


2.カウンセリング・お見積もりをしっかりといたします


初日のカウンセリング時には患者さんのお話をじっくり伺い、必要に応じて基本検査または精密診査をいたします。
患者様の十分なご理解とご了承が得られていない段階で治療を進めることはありません。
そして後日、患者さんに合った最善の治療計画と見積もりをお知らせいたします。
その際、治療方針・方法・治療期間・費用についてわかりやすくご説明・ご提示いたします。


3.アフターフォローをしっかりといたします


インプラント本体・被せ物はなみき通り歯科独自の保証システムをお付けしておりますのでご安心下さい。  
また、なみき通り歯科では定期的メインテナンスに特に力を入れております。  
歯科医師及び国家資格を持った歯科衛生士が長期的にメインテナンスによるアフターフォローをさせていただきます。


4.万が一、未成功の場合もご安心ください


なみき通り歯科でのインプラントは97~99%成功していますが、患者様の体質の理由等、まれに骨と結合しないケースがあります。  
その場合、患者様との相談の上、無償にて再手術をさせていただいております。


5.日常生活に支障の出ないような治療計画を立案いたします


最終的に入るセラミックの歯を美しくキレイにセットするのはもちろんですが、当院ではインプラント埋入後の仮歯対応や、なるべく痛みや腫れの少ない治療結果を心がけております。
治療期間中もその方のライフスタイルも考慮して、なるべくお仕事など生活に支障のないように見た目を考慮した治療を進めます。


6.残せる歯は最大限残します


なみき通り歯科はインプラント治療を得意としてはおりますが、天然歯に勝るものはないとも思っておりますので、安易な考えでの抜歯は決して行いません。
歯を失う最大の原因である歯周病治療・予防治療にも特化し、残せる歯は最大限に残すことに重きを置いております。



Q&Aよくあるご質問


治療に痛みはありますか?


治療前に口の中だけの局所麻酔をさせて頂きますので、治療そのものに伴う痛みは少ないかと思います。  
麻酔注射にともなう痛みはございますので、麻酔前には麻酔シール(塗る麻酔)をしてから注射をいたします。  
また、麻酔が切れたあとの痛みが考えられる患者さまには、鎮痛用のお薬を処方しております。  
なお、お薬は院外処方となりますので、当院が入っているビル(メディコート)の1Fにある調剤薬局か  
もしくは患者さまのご自宅や学校、職場の近くにある薬局でお薬をお受け取り頂けます。  


通院はどれぐらいの期間必要ですか?


初回診察時にプランニングを行い、その際、治療方針や通院回数、費用などについてもご説明させて頂きます。    
2回法の場合、あごの骨に埋め込んだインプラントが骨と結合するのに、個人差はありますが約2ヶ月かかります。    
骨とインプラントが結合した後、頭出しの手術を行い、治癒を待つのに約4週間。    
その後、上に歯を入れるための期間が約2週間かかります。    
治療計画は個別にプランニングいたしますので、初回診察時に医師までご相談ください。    


インプラント治療に年齢制限はありますか?


個人差はありますが、骨の成長がほぼ終了する最低16歳以上で、医学的・解剖学的に条件が満たされていれば、    
インプラント治療を受けて頂くことができます。    


インプラント手術のために入院する必要がありますか?


インプラントの埋め込み手術は、通常は入院の必要はありません。手術当日に帰宅できます。


治療費はどれぐらいかかりますか?


インプラント治療は自費診療のため、保険は適用されません。インプラントの本数や人工歯の種類、お口の状態によっても        
必要となる治療費は異なりますので、詳しくは、診察時に医師までお気軽にお尋ねください。


インプラントをすれば、以前の自分の歯と同じように噛めますか?


インプラントは、入れ歯や差し歯とは異なりあごの骨に埋め込んで骨と結合させるため、自分の歯と同じように噛むことができるようになります。          


インプラントはどのぐらいもちますか?  


インプラントはチタン製で丈夫にできており、毎日のお手入れ次第で、長期間ご使用いただくことが可能です。            
医師・歯科衛生士より、インプラントの寿命を長くするための歯ブラシや歯間ブラシを使った衛生的なお手入れの方法をご説明させていただきます。            
定期健診もお忘れなくお受けください。


審美・ホワイトニング


美しい歯は心と体を健康にし、毎日の生活を豊かにします


恥ずかしがらずに大きな口を開けて笑えるように・・・。

美しい歯や歯茎・歯肉を保つことは、心と体を健康にします。

  • PMTCによる歯のクリーニング  
  • 金属の詰め物や被せ物のセラミックへの変更  
  • 着色物質を分解して歯の白さを回復するホワイトニング

などを行うことで、お口の中の美しさを向上し、毎日の生活を豊かにすることができます。


審美歯科


審美歯科とは、歯が持つ機能と美しさを追求し、患者さんひとりひとりの歯に合せた歯科治療のことです。
審美歯科のメニューは、全て保険適応外の「自費診療」になります。

なみき通り歯科では、材質が白い強化プラスチックによるセラミックインレー、オールセラミックス、メタルボンド、ジルコニアを行っております。

単に歯の美しさを求めるだけではなく、お口の中全体の健康を美しく取り戻すのが審美歯科です。
機能性に優れた物をつくるのはもちろん、美しく回復することができなければ素敵な笑顔を取り戻すことは難しいでしょう。
当院では機能性と美しさを兼ね備えた、心から笑顔になれる審美性を追求しています。
そのため、専門の歯科技工士と連携して審美治療を行なっております。


自費治療の種類と特徴と費用


審美治療にかかる費用の詳細はこちら


ホワイトニング


保険適用外診療


ホワイトニングも審美歯科のひとつです。
歯自体が持っている白さをより白くしたいときに行います。

まずは無料メール相談でお問い合わせください

なみき通り歯科では、歯の色が気になるという方には、まず、保険診療で歯についた汚れを取ります。
それでも気になるという場合にホワイトニングを行います。

ホワイトニングには強い薬を使って歯を白くするオフィスホワイトニングと、薬品入りのマウスピースを入れるホームホワイトニングがあります。  

オフィスホワイトニングは、歯医者さんで1日かけて行うものです。  
強い薬を使うために、しみたり、くちびるや歯ぐきにつくとただれてしまうことがあります。  
何日かたつと、白さが薄れることもあります。  

一方ホームホワイトニングは、薬品入りのマウスピースを装着して行うものです。
若干しみることはありますが、ただれることはありません。
マウスピースを入れながら1日数時間、装着し歯の表面から漂白する方法です(症状によって使用時間が異なります)。

平均1ヶ月ほどかかりますが、色も非常にナチュラルで健康的な白さが長持ちします。
もともとの歯の色によってホワイトニング効果が出やすい方もいれば出にくい方もいますので、スタッフまでお気軽にご相談ください。

ホワイトニング料金について詳しくはこちら


ホワイトニング前に治療が必要になることがあります


「とにかくホワイトニングをしたら白いきれいな歯になる」と思っている方がいらっしゃいます。  

しかし虫歯や、歯周病などトラブルがある状態では、ホワイトニングをして白い歯になっても、きれいな歯とは言えません。  
まずは、虫歯などトラブルがない健康で機能的な歯でなければいけないと、私たちは考えています。  

虫歯などトラブルのない健康な歯であること。  
その上で歯を白く、歯並びを良くしたいという患者さんのご希望をかなえるのが審美歯科です。  
なみき通り歯科は、審美だけに特出することはありません。

あなたがどうしたいのか、どうなりたいのかをしっかりお聞きした上で、必要であれば治療をご提案させていただきます。

結婚式が迫っているなどの特別な場合は、先に歯を白くして後から治療を行うなど、臨機応変な対応をいたしております。
ぜひお気軽にご相談ください。


審美修復


髪型以上に、美しい口元によって作りだされる笑顔です。
「悪い所だけ治す」から「より美しくするために治す」歯科治療へ。

笑顔に最も必要な歯を美しくすることで、歯に対してのコンプレックスを取り除き、精神的な安定と健康的な美しい笑顔を創ることが審美歯科の大切な目的です。

もちろん“美しさと機能性”の両面から心身共に健康になっていただきたいと思います。

歯ぐきの黒ずみでお悩みの方には、レーザー治療によって、きれいなピンク色の歯ぐきを手に入れていただけます。

口元に自信がない、コンプレックスを解消したい方に喜ばれています。


こんなお悩みありませんか?  


  • 治療跡の銀歯が目立って恥ずかしい  
  • 前歯が欠けてしまったけど、銀歯にしたくない  
  • 銀歯を気にして大きく笑えない  
  • 銀歯を隠したくて口元に手を当ててしまう

審美修復とは


虫歯などの治療跡や歯が欠けてしまった場合に補う修復物は、一般的に保険診療では銀素材を用います。

しかし銀歯が気になるという方には、審美性に優れた自費診療で利用できる修復物がおすすめです。
豊富な種類の審美修復物をご用意していますので、お気軽にご相談ください。


よくあるご質問


銀歯が目立つので白くしたいです。セラミックは保険が使えますか?

ごく小さな虫歯など、サイズが小さければ保険内で「コンポジットレジン」というプラスチックで白くすることが可能です。
また、奥から3番目、4番目の第一小臼歯、第二小臼歯も、「ハイブリッドレジン」という強化プラスチックの冠が利用できます。
それ以外のサイズや大きさの場合は「セラミック」の利用が強度的にも審美的にも最適です。
その場合、セラミックは保険適用外となりますので自費診療となります。費用については、医師までお気軽にお尋ねください。

プラスチック(保険診療)

  • 保険診療内で安価にできます。
  • 使っていると歯ブラシやかみ合わせで削れてきます。
  • セラミックに比べて着色や汚れが付きやすく、4,5年ほどで黄色く変色してきます。

セラミック(自費診療)

  • 強度が高く、削れにくい特性があります。奥歯など、力がかかる歯の補綴にも適しています。
  • 劣化の起こらない材料のため、色変わりがありません。
  • 保険が適用できないため、50,000円程度〜の自費診療となります。

通院はどれぐらいの期間必要ですか?

初回診察時にプランニングを行い、その際、治療方針や通院回数、費用などについてもご説明させて頂きます。  


歯周病


なみき通り歯科の「歯周病治療」のポイント


  1. 痛み、しみる症状を最優先で処置
  2. 再感染を防ぐスピーディな治療
  3. 定期健診で再発防止

痛み、しみる症状を最優先で処置

歯周病とは、歯周病菌により、歯ぐきや骨などが炎症を起こしたり、歯ぐきに膿がたまったりする細菌感染症で、生活習慣病のひとつです。  
 
症状としては「歯磨きの際に血が出る」「口の中がベタつく」などが挙げられます。  
しかし、ほとんど自覚症状がないため気付いた時には重度になっていることも少なくありません。  
また初期段階では痛みが無いことも多いので、そのまま放置してしまうこともよくあります。  
 
そして体力の低下や睡眠不足・不規則な生活などにより免疫力が低下し、症状が急激に悪化する場合には、歯ぐきの腫れや膿がたまって神経を刺激し、激しい痛みを感じることもあります。  
 
そのため歯周病も専門家による診断と定期的なケアが重要です。

歯周病によって痛みや、しみるといった症状が出ている場合、なみき通り歯科では症状を抑えるための処置を最優先で行います。
膿で歯ぐきが押されて痛い場合、膿を出して炎症を抑える治療を行った上で、歯周病によく効く抗生物質を処方いたします。

大半の症状はこれでかなり楽になります。


再感染を防ぐスピーディな治療


一般的な治療では、歯ぐきの縁上にある歯石を取る、歯ぐきの奥(縁下)にある歯石を取る2種類のクリーニングを複数回に分けて行った後、歯周病の治療に入ります。
しかし、クリーニングにあまり時間をかけすぎると、クリーニングをしていない箇所から歯周病菌が侵入して、再感染を起こすリスクがあります。

そこで、なみき通り歯科では、クリーニングと治療を同時に行うことで再感染や繁殖の予防につなげています。


症状が進行して歯ぐきや骨に損傷がある場合は、クリーニングと同時に、歯ぐきの炎症を抑えたり、歯ぐきや骨の損傷を再生する治療を行います。
歯周病により歯の位置が変わることもあるため、歯周病治療の際にも噛み合わせの検査を行う場合もあります。

クリーニングは「痛い」と思っている方もいらっしゃるようですが、クリーニングで主な歯石を取ることは痛くありません。
歯茎の奥(縁下)の歯石を取る場合、ご希望がありましたら痛みを感じないように麻酔をしてから行うことも可能です。

歯石の治療について詳しくはこちら

噛み合わせ治療についてはこちら


定期健診で再発防止


歯周病菌は、誰もが持っているお口の中にたくさんある常在菌の一つです。
たまった歯石をすみかに繁殖して、痛みをはじめ、さまざまな症状を引き起こします。
放っておくと歯を支える骨に大きなダメージを与え、歯が抜けたり、菌が血管の中を移動して心臓や脳に障害を起こしたりする可能性もあります。

このような恐ろしい状態を引き起こさないためにも、いったん症状がおさまったからといってそのままにしないでください。
定期健診で歯周病菌の状態をコントロールしていくことが重要です。

なみき通り歯科では、歯周病治療の後も定期的に炎症や出血の有無をチェックする検査を保険の範囲内で行っています。  

また効果的なブラッシングのレクチャーをはじめ、セルフケアの方法についても随時お伝えし、患者さまの歯と歯ぐきの健康な状態の長期的維持にスタッフ一同、努めています。  

最新の機器を使用した精密検査も実施していますので、気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。  

アンチエイジングにもなる定期健診のメリットをこちらでご紹介


arrow_upward