1. なみき通り歯科
  2. 診療科目
  3. 審美・ホワイトニング

審美・ホワイトニング


美しい歯は心と体を健康にし、毎日の生活を豊かにします


恥ずかしがらずに大きな口を開けて笑えるように・・・。

美しい歯や歯茎・歯肉を保つことは、心と体を健康にします。

  • PMTCによる歯のクリーニング  
  • 金属の詰め物や被せ物のセラミックへの変更  
  • 着色物質を分解して歯の白さを回復するホワイトニング

などを行うことで、お口の中の美しさを向上し、毎日の生活を豊かにすることができます。


審美歯科


審美歯科とは、歯が持つ機能と美しさを追求し、患者さんひとりひとりの歯に合せた歯科治療のことです。
審美歯科のメニューは、全て保険適応外の「自費診療」になります。

なみき通り歯科では、材質が白い強化プラスチックによるセラミックインレー、オールセラミックス、メタルボンド、ジルコニアを行っております。

単に歯の美しさを求めるだけではなく、お口の中全体の健康を美しく取り戻すのが審美歯科です。
機能性に優れた物をつくるのはもちろん、美しく回復することができなければ素敵な笑顔を取り戻すことは難しいでしょう。
当院では機能性と美しさを兼ね備えた、心から笑顔になれる審美性を追求しています。
そのため、専門の歯科技工士と連携して審美治療を行なっております。


自費治療の種類と特徴と費用


審美治療にかかる費用の詳細はこちら


ホワイトニング


保険適用外診療


ホワイトニングも審美歯科のひとつです。
歯自体が持っている白さをより白くしたいときに行います。

まずは無料メール相談でお問い合わせください

なみき通り歯科では、歯の色が気になるという方には、まず、保険診療で歯についた汚れを取ります。
それでも気になるという場合にホワイトニングを行います。

ホワイトニングには強い薬を使って歯を白くするオフィスホワイトニングと、薬品入りのマウスピースを入れるホームホワイトニングがあります。  

オフィスホワイトニングは、歯医者さんで1日かけて行うものです。  
強い薬を使うために、しみたり、くちびるや歯ぐきにつくとただれてしまうことがあります。  
何日かたつと、白さが薄れることもあります。  

一方ホームホワイトニングは、薬品入りのマウスピースを装着して行うものです。
若干しみることはありますが、ただれることはありません。
マウスピースを入れながら1日数時間、装着し歯の表面から漂白する方法です(症状によって使用時間が異なります)。

平均1ヶ月ほどかかりますが、色も非常にナチュラルで健康的な白さが長持ちします。
もともとの歯の色によってホワイトニング効果が出やすい方もいれば出にくい方もいますので、スタッフまでお気軽にご相談ください。

ホワイトニング料金について詳しくはこちら


ホワイトニング前に治療が必要になることがあります


「とにかくホワイトニングをしたら白いきれいな歯になる」と思っている方がいらっしゃいます。  

しかし虫歯や、歯周病などトラブルがある状態では、ホワイトニングをして白い歯になっても、きれいな歯とは言えません。  
まずは、虫歯などトラブルがない健康で機能的な歯でなければいけないと、私たちは考えています。  

虫歯などトラブルのない健康な歯であること。  
その上で歯を白く、歯並びを良くしたいという患者さんのご希望をかなえるのが審美歯科です。  
なみき通り歯科は、審美だけに特出することはありません。

あなたがどうしたいのか、どうなりたいのかをしっかりお聞きした上で、必要であれば治療をご提案させていただきます。

結婚式が迫っているなどの特別な場合は、先に歯を白くして後から治療を行うなど、臨機応変な対応をいたしております。
ぜひお気軽にご相談ください。


審美修復


髪型以上に、美しい口元によって作りだされる笑顔です。
「悪い所だけ治す」から「より美しくするために治す」歯科治療へ。

笑顔に最も必要な歯を美しくすることで、歯に対してのコンプレックスを取り除き、精神的な安定と健康的な美しい笑顔を創ることが審美歯科の大切な目的です。

もちろん“美しさと機能性”の両面から心身共に健康になっていただきたいと思います。

歯ぐきの黒ずみでお悩みの方には、レーザー治療によって、きれいなピンク色の歯ぐきを手に入れていただけます。

口元に自信がない、コンプレックスを解消したい方に喜ばれています。


こんなお悩みありませんか?  


  • 治療跡の銀歯が目立って恥ずかしい  
  • 前歯が欠けてしまったけど、銀歯にしたくない  
  • 銀歯を気にして大きく笑えない  
  • 銀歯を隠したくて口元に手を当ててしまう

審美修復とは


虫歯などの治療跡や歯が欠けてしまった場合に補う修復物は、一般的に保険診療では銀素材を用います。

しかし銀歯が気になるという方には、審美性に優れた自費診療で利用できる修復物がおすすめです。
豊富な種類の審美修復物をご用意していますので、お気軽にご相談ください。


よくあるご質問


銀歯が目立つので白くしたいです。セラミックは保険が使えますか?

ごく小さな虫歯など、サイズが小さければ保険内で「コンポジットレジン」というプラスチックで白くすることが可能です。
また、奥から3番目、4番目の第一小臼歯、第二小臼歯も、「ハイブリッドレジン」という強化プラスチックの冠が利用できます。
それ以外のサイズや大きさの場合は「セラミック」の利用が強度的にも審美的にも最適です。
その場合、セラミックは保険適用外となりますので自費診療となります。費用については、医師までお気軽にお尋ねください。

プラスチック(保険診療)

  • 保険診療内で安価にできます。
  • 使っていると歯ブラシやかみ合わせで削れてきます。
  • セラミックに比べて着色や汚れが付きやすく、4,5年ほどで黄色く変色してきます。

セラミック(自費診療)

  • 強度が高く、削れにくい特性があります。奥歯など、力がかかる歯の補綴にも適しています。
  • 劣化の起こらない材料のため、色変わりがありません。
  • 保険が適用できないため、50,000円程度〜の自費診療となります。

通院はどれぐらいの期間必要ですか?

初回診察時にプランニングを行い、その際、治療方針や通院回数、費用などについてもご説明させて頂きます。  


arrow_upward