最初に痛みを止めます

なみき通り歯科は「痛くない歯医者さん」です

  1. その痛みを最優先で止めます
  2. 痛みを感じない治療を行います

その痛みを最優先で止めます


痛みを感じて来院された時は、最優先で痛みを取り除く処置を行います。 ​

例えば、冷たいものを飲んで歯がしみるように痛む場合はしみる症状を抑制するシュミテクト(歯磨剤)を推奨し、お使いいただきます。

虫歯が原因の痛みなら、痛み止めを服用していただくことや、応急措置を施すこともあります。

歯ぐきの奥が膿んで、歯の神経を押すことで痛みにつながっているような場合は、膿を抜くだけでかなり楽になることがあります。

痛みを我慢してやっと来院された患者さんに、「それ以上痛い思いをしてほしくない」というのがなみき通り歯科の考えです。
ほとんどの患者さんが、一回の応急措置で痛みから解放されます。

つらい痛みはがまんせず、お気軽にご来院ください。  
急性症状が出てしまうと、炎症反応が強く麻酔が効きにくいため、痛みのない治療が困難です。ですので、痛みが出る前に早めにお越しください。


痛みを感じない治療を行います


なみき通り歯科では「痛みのない治療」を実践しております。
麻酔をしてから治療中の麻酔が切れた後まで、ほとんど痛みを感じることはありません。

痛みの感じ方は、環境や心の状態によっても大きく異なるため、患者さんの疑問や不安をあらかじめ解消することで緊張が解け、より痛みを感じにくい状態で治療を受けていただくことができます。

痛みのない治療へのこだわり


虫歯

スピーディーな治療を実現する技術


虫歯の治療を行った患者さんの多くは「治療がこんなに早く終わるとは思っていなかったです」と驚かれます。
スムーズな虫歯治療は、治療費だけでなく、患者様のお体への負担も軽くすることができます。

早く確実に虫歯を治す、なみき通り歯科では、正しい検査を行いその検査結果を元に診断をし、「治療計画」を立案します。
実はこの検査・診断・治療計画立案がトータルで一番正確で効率の良い安心・安全でスピーディーな治療と言えるのです。

行き当たりバッタリでの診断・治療は致しません。


軽度な虫歯の場合(C1、C2)


神経に届かないレベルの軽度の虫歯の場合は、虫歯部分を削り、プラスチックを詰めるだけなので治療は1回で完了します。
治療中に痛むことはありません。

神経には届かないまでも、範囲が広い、治療箇所が歯と歯の間にあるといった場合は型取りに1回、詰めるのに1回で計2回の治療は必要となります。

その場合、多少痛みを感じることもあるので、痛くないように麻酔を行います。

詰め物は保険適用の場合は銀歯、自費治療の場合は白いセラミックを使用します。


費用について


歯の表面だけが虫歯の場合(銀歯の場合)にかかる患者さん負担額は、およそ3,000円前後となります。


重度の虫歯の場合(C3)


歯の神経まで虫歯が進行している場合は、かなりの痛みがあります。
まずは痛くないよう麻酔をし、神経を取った後に神経の管に薬を入れる治療を行います。
歯を削る面積が大きいため、噛める(機能回復)ように土台を入れて補強し、被せ物を装着して機能回復する必要があります。

治療期間は、通常短くても7~10回、期間にすると3ヶ月から半年以上かかることがほとんどです。
しかし、なみき通り歯科では一般的な歯科治療より少ない回数で治療を終えることを可能にしています。
そこには、特殊な治療器具と高度な技術によるさまざまな工夫があります。


費用について


神経まで虫歯の場合(銀歯の場合)にかかる患者さん負担額は、およそ8,000円前後となります。


高品質な接着剤を使用


神経を取り除いた穴には、通常、樹脂とセメントを混ぜた詰め物をしてふさぎ、その上に土台を載せて、セメントでかぶせ物を装着します。
しかし、樹脂とセメントの素材は固まるのに時間がかかり、固まってから土台を入れるための穴を開けるため、ここでも治療期間がかかってしまいます。
また、樹脂には目に見えない空洞がたくさんあり、そこに虫歯菌が入り込むことで虫歯が再発することもあります。

なみき通り歯科では、神経の穴をふさぎ、土台とかぶせ物を固定する際に高品質な接着剤を使用しています。  
これらの治療を同時に行うため、治療期間が短縮されます。  
接着剤には空洞がないため、虫歯菌が入らないよう隙間なく土台とかぶせ物を固定できます。  
根の治療に接着剤を使用する歯科医院はあまりありません。  
なみき通り歯科では治療期間の短縮と虫歯再発予防のため、保険適用でこの素材を使用しています。


一般的な治療


根の穴に樹脂とセメントを詰めて、かぶせ物はセメントで固定します。


なみき通り歯科の治療


根の穴を詰めるためと、かぶせ物を固定するために接着剤も高品質なものを使用しています。
外から虫歯菌が入らないようにしっかりと固定します。


歯が残せない状態の場合(C4)


歯が残せない場合は麻酔をして歯を抜き、歯の根元に溜まった膿を取り出します。
抜歯後の様子を診るため、後日来院をお願いすることはあります。


再発予防のための治療


なみき通り歯科では、現在の虫歯処置だけでなく、再発予防の観点から治療を行います。  
治療終了後は、健康な状態を長期的に維持していただくために定期的なメインテナンスを実施しています。


再発を予防する治療


虫歯は虫歯菌によって引き起こされます。虫歯の箇所を削り残したり、虫歯菌が付着したまま詰め物をしたりすると、菌が再度増殖し虫歯が再発します。
なみき通り歯科では徹底した衛生管理と高性能な治療器具の導入により、虫歯の再発予防に取り組んでいます。


定期的なメインテナンス  


なみき通り歯科ではメインテナンスも治療の一環であると考えています。  
治療が終わっても、その後のケアが万全でなければ再発リスクは高まります。
再び痛みや辛い思いをしないためにも、定期的なメインテナンスで、健康な状態を長く保っていきましょう。  
虫歯を未然に防ぐ予防歯科や健診なども行っていますので、興味のある方はご相談ください。

定期健診について詳しくはこちら


治療の費用



虫歯治療の費用


なみき通り歯科では、保険適用の場合も自費治療も、治療前に費用をお伝えしています。
初診はすべて保険適用での診察となります。
初診時にかかる費用は、3割負担の場合で、1,000円~4,000円程度となります。


自費診療の費用


詳しくは料金表をご覧ください


医療費控除について


1年間にご本人またはご家族が支払った医療費が10万円を越える場合は、確定申告により税金の還付が受けられます。およそ以下のようなものが医療費控除の対象になります。

  • 歯科医師による診療、治療費(検査や診断の費用も含まれます)
  • 入院に伴う費用
  • 治療または療養に必要な医薬品の購入費
  • 診療を受けるための通院費(患者が子供の場合は、母親の通院費も対象。自家用車で通院した場合のガソリン代などは対象外)

痛み・しみる

なみき通り歯科の「歯が痛い・しみる」症状の治療ポイント


  1. つらい症状を最優先に治療
  2. 検査を行い、原因を特定。ご希望に沿った治療計画をご提案

つらい症状を最優先に治療します


なみき通り歯科では、患者さんのつらい症状を抑えるための処置を最優先で行います。

冷たいものを飲んだときや、食事をしたときに「しみる」と感じるような症状であれば、まずはシュミテクト(歯磨剤)の継続的なご使用をおすすめします。
症状が治まったら必要に応じて検査などを行い、原因を特定していきます。

虫歯か知覚過敏かしみる原因によって治療は異なります。
痛みがあるときは痛みを抑える応急処置を、割れや欠けがあるときは補修を行い、必要があれば痛み止めを服用していただく、また痛くないように麻酔をかけてから治療を行うこともあります。  

虫歯治療について詳しくはこちら


原因を特定、ご希望に沿った治療計画をご提案


応急処置により症状が治まりましたら、基本検査や精密検査を行い、原因を特定していきます。


虫歯の場合


歯が痛い、しみる症状の原因として最も多いのが虫歯です。  
初期の虫歯なら、悪い箇所だけを削り、材料で修復して1回で治療が完了する場合があります。  

神経まで虫歯菌におかされているような重度の虫歯の場合でも、なみき通り歯科の「無痛治療」なら麻酔から治療後まで、ほとんど痛みを感じることはありません。  
 
「とにかくまずは症状を抑えたい」「時間ができてから根本的に治療したい」など、患者さんのご都合を伺いながら治療計画を立てていきます。

虫歯治療について詳しくはこちら


歯にヒビが入っている場合

ものを噛んだ時にだけ、「痛い」「しみる」と感じる場合は歯にヒビが入っていると場合があります。

小さなヒビであればその箇所を接着して、それ以上の進行を抑えます。
大きなヒビ、または虫歯が進行したことによってヒビが入っている場合は、基本的に虫歯と同様の治療を行います。

ヒビ・欠け・割れの治療について詳しくはこちら


歯が欠けている場合

欠けた部分からは神経が露出している場合もありますので、その欠けた箇所を補うために、基本的には虫歯と同様の治療を行います。
歯が欠ける根本的な要因には、詰め物が合わない、噛み合わせが合っていない、「食いしばり」や「歯ぎしり」をするなどがあります。
それぞれの要因に合った治療をご提案いたします。場合のよっては専門の医療機関をご紹介します。

詰め物の治療について詳しくはこちら  

噛み合わせの矯正について詳しくはこちら  

治療方法、期間については、患者様のご希望をお聞きしながら一緒に考えていきます。  
なみき通り歯科では患者様のご希望を第一に治療を行っていきます。  

「根本的にしっかり治療したい」「今回はまず症状が治まればいい」などのご要望や疑問はご遠慮なく医師、スタッフにお話しください。  

費用について詳しくはこちら


詰め物が取れた・挟まる

なみき通り歯科の「詰め物・被せ物の治療」のポイント


  1. 快適な詰め物のための精密な型取り
  2. 自然な美しさへのこだわり
  3. 虫歯を進行させない徹底的な衛生管理

快適な詰め物のための精密な型取り


詰め物が外れる最も多い原因は、歯を削る形と詰め物・被せ物の形が合わないことです。

詰め物・被せ物をした歯と、その隣の歯の間隔が適正に保たれていないと、その隙間に食べ物が挟まることで新たな虫歯の要因となってしまいます。

こうした状況を防ぎ、口腔内を快適に保つために、より正確で精密な型取り技術は不可欠になります。  
 
型取り材と水の温度の変化によって微妙に膨張や縮小をします。  
 
それが、ごくわずかな変形であっても、詰め物・被せ物の大きな誤差につながる可能性があるため、なみき通り歯科では型取り剤と水の温度を一定に保つように管理しています。  
 
その他、患者さんの生活向上を第一に考えて、食べ物が引っ掛かりにくくするために、詰め物の表面を、繰り返し丁寧に研磨して、つるつるにするなど高度な技術によって、外れにくく快適な詰め物・被せ物治療を実現しています。


自然な美しさへのこだわり


なみき通り歯科では、虫歯の穴をふさぐ機能面の充実だけではなく「見た目にもこだわりたい」という患者さんのご要望に応じて、自分の歯の色に合わせられるセラミック素材の詰め物や被せ物をおつくりしています。
セラミック素材は保険適用外となりますが、銀歯やプラスチック素材の詰め物に比べ格段に美しく、見た目も自然な感じになります。

なみき通り歯科では、限りなく患者さんの理想に近づく物を、精度の高い技術を持った専門の歯科技工士が製作しております。  


虫歯を進行させない徹底的な衛生管理  


患部が治療中や治療後に虫歯菌に触れると虫歯が再発します。    
なみき通り歯科では、詰め物・被せ物はもちろん、詰め物・被せ物をする患者さんの歯も徹底的に消毒いたします。    
 
詰め物・被せ物の接着に使用する接着剤は、虫歯予防効果が注目されているフッ素に着目。
お口の中でフッ素を発生させる素材を使用しています。

そのほかにも、フッ酸処理を行い、悪さをする菌を巻き込み、接着・合着しない材料をスタッフが性質を理解し、正しく取り扱っています。

虫歯に関するページはこちらもご覧ください


知覚過敏

なみき通り歯科の「知覚過敏治療」のポイント


  1. つらい症状を最優先に治療
  2. 原因を特定するため検査→診断したのち、ご希望に沿った治療計画をご提案

つらい症状を最優先に治療


なみき通り歯科では、患者さんのつらい症状を抑えるための処置を最優先で行います。
冷たいものを飲んだとき、食事をしたときに「しみる」と感じるような症状の場合は、シュミテクト(歯磨剤)の使用を推奨します。

継続して使用することにより「しみる」と感じるような症状は抑制できます。
歯磨剤で症状が改善されなかった場合、歯科医院で症状が治まりましたら必要に応じて検査などを行って、原因を特定いたします。

虫歯か知覚過敏かしみる原因によって治療は異なります。
そのため、検査が必要です。  

痛みがあるときは痛みを抑える応急処置を、割れや欠けがあるときは補修を行い、必要があれば痛み止めを服用していただく、また痛くないように麻酔をかけてから治療を行うこともあります。  
 

虫歯治療について詳しくはこちら


原因を特定、ご希望に沿った治療計画をご提案


歯周病により歯茎が下がっている場合


噛んだ時だけしみたり痛みを感じたりする場合、歯の根面の露出によって刺激が伝わりやすい状態になることが考えられます。
根面の露出が広く、刺激が強くて辛い場合はコーティングするという目的で露出部分を歯科材料などで覆う方法もあります。
ご相談ください。

虫歯治療について詳しくはこちら


歯が欠けている場合  


神経が露出している欠けた部分を補うために、基本的に1、2回の通院で虫歯と同様の治療を行います。  
歯が欠ける根本的な要因には、詰め物が合わない、噛み合わせが合っていない、「食いしばり」や「歯ぎしり」をするなどがあります。歯が欠けたり、割れてしまった場合は、原因を診断するための検査が必要です。それぞれの原因に合った治療をご提案いたします。

詰め物治療について詳しくはこちら  

矯正について詳しくはこちら  

治療方法や治療期間期間について、患者さんのご希望を伺いながら一緒に考えていきます。    

なみき通り歯科では患者さんのご希望を第一に治療を行います。    
「根本的にきちんと治療したい」「今回はとにかく症状が治まればいい」などご要望や疑問がございましたらぜひ、お話しください。
 
決定した治療内容や通院期間の目安などを「治療計画書」として書面でお渡ししていますので、後からゆっくり考えていただいてかまいません。


歯がない

歯がないことが気になる方へ


なみき通り歯科では、患者さまのご要望に合わせた治療を行います


失った歯の治療には、主にの4つの選択肢があります。


治療の選択肢


  • 「何もしない」
  • 「ブリッジ」
  • 「入れ歯」
  • 「インプラント」

治療方法については、それぞれメリット・デメリットを詳しくご説明します。
ご自身が一番良いと納得できる治療方法をお選びください。

カウンセリング・ご相談はご納得がいくまで何度でも受けていただけます。


治療しなくても良い場合もあります


欠損した歯が親知らずだった、奥歯で反対側の歯もないなど、噛み合わせのバランスがとれていれば治療をする必要はありません。  
なみき通り歯科では、歯やお口の中の状態を詳しく検査・診断をして、治療が必要かどうか、必要な場合は最適な治療法についてお話しさせていただいています。  

治療が必要な場合は、患者さんのご要望を優先して一緒に治療計画を立てていきます。  
歯が無いことが気になる方はぜひ一度ご来院ください。


ブリッジ


欠損している歯の本数が少なく、両隣に健康な歯がある場合の方法がブリッジです。  
状態によってはブリッジができないこともありますので、まずは診察させていただいて、ご要望に合った最適な治療法を一緒にご相談していきます。


ブリッジが可能な状態


  • 欠損している歯が少なく両側に歯がある

ブリッジが出来ない状態


  • 欠損している歯の片側にしか歯がない
  • 欠損している歯が多い

まずは一度、お口の状況を診させてください。


入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)


通常は1回の型取りを2回実施。
噛み合わせ・適合を診る工程を挟み、ぴったり合う入れ歯をおつくりしています。

こだわりの入れ歯づくりについてはこちら

歯を抜いた当日に仮の歯が入る即時義歯という「スピード入れ歯」があります。
抜歯前に型取りをし、歯を抜いた当日から入れ歯が入ります。ぜひご相談ください。(要予約)

歯が無い期間が短い「スピード入れ歯」についてはこちら

なみき通り歯科では、快適な日常生活を送るための入れ歯の製作や修理は、充分に保険の範囲内で行うことができます。
ですから、初めて来院された方にいきなり自費の入れ歯をお勧めすることはありません。

まずは保険適用内で入れ歯をお試しいただき、古くなった、さらに良いものにグレードアップしたいと思われたときに、目的に見合った入れ歯をおつくりいただければよいと考えています。


インプラント


インプラントは失った歯を自然の歯に近い状態に復元する治療です。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に人工歯を固定します。
入れ歯と違って、取り外して手入れする必要もなく、自然の歯と同じように歯ブラシで磨くことができます。

インプラントについて詳しくはこちら


歯並び(噛み合わせ)

歯並び・噛み合わせ治療


もともとは、正常な歯並び、噛み合わせだったはずが、すこしずつ悪くなった、という場合、歯周病か、どこかの歯が無くなったことが原因の場合がほとんどです。

どちらが原因かによって、治療の方法が異なります。

歯周病が原因で歯並び、噛み合わせが悪くなっている場合の治療方法  

歯周病が進むと歯の根元がゆるみ、歯に圧力がかかっても支えることができなくなります。
その結果、歯が前後に傾いたり沈んだりして、歯並びが異常になることがあります。

この場合は、歯周病の治療をすることで改善することができます。
歯周病については別のページで詳しく説明していますので、そちらもご覧ください。

歯周病について詳しくはこちら


歯が無くなった事が原因で歯並び、噛み合わせが悪くなっている場合の治療方法


虫歯や外的な圧力によって、歯が抜けたり欠けたりした場合は、欠損した箇所に空白ができます。
その空白部分に正常な歯が寄るようになり、歯並びがずれてしまうことがあります。
そういったずれが起こらないように、入れ歯などの人工歯を入れるのが、一般的です。

方法は、

  • 入れ歯
  • ブリッジ
  • インプラント

という3つの方法があります。

なみき通り歯科では、痛い、しみるといった、つらい症状を抑える応急措置を行った後に、基本検査または精密検査・写真撮影・模型の製作を行い、患者さんの噛み合わせの状態を把握します。
原因となっているのが歯周病や以前に行った詰め物の場合などもあります。

さまざまな可能性を視野に入れて治療法をご提案し、患者さんと相談しながら最適な治療計画を立てていきます。

自覚症状がない、あるいは別のお悩みがある方が、検査によって噛み合わせが原因だったと分かることもあります。
気になる症状がありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

歯が無い場合について詳しくはこちら

噛み合わせの異常は、体に不調を起こすことがあります

噛み合せが悪いことで、歯や歯ぐきに痛みを感じることがあります。
その場合は、痛みをなくす治療をしてから、噛み合わせの調整をします。

ところで、噛み合わせが悪いと、歯の痛みだけではなく、肩こり、めまい、頭痛、吐き気などを起こすことがあるのをご存知ですか。

首の周囲にはさまざまな筋肉が集中しており、過度なストレスがかかると肩こりなどの症状が起こるのですが、その原因のひとつに噛み合わせがあるともいわれています。

歯並びが悪いことが原因で、正常な噛み合わせでなくなってしまうということもあります。
それ以外にも、たとえば虫歯治療によるかぶせ物や詰め物が原因であったり、歯周病によって、噛み合わせのバランスが崩れてしまったりすることもあります。
これらの場合は、その原因を治療することで正しい噛み合せを再現し、症状を緩和します。


ヒビ・欠け・割れ

なみき通り歯科の「ヒビ・欠け・割れ治療」のポイント


  1. 痛みやしみる症状を改善できることを最優先で対応いたします。
  2. 検査→診断
  3. ご希望に応じた治療をご提案

痛み、しみる症状を改善・取り除けることを最優先で対応いたします


痛み、しみるといった症状が出ている場合は、最優先でそれを抑えるための処置を行います。

虫歯か知覚過敏かしみる原因によって治療は異なります。そのため、検査が必要です。
痛みがあるときは痛みを抑える応急処置を、割れや欠けがあるときは補修を行い、必要があれば痛み止めを服用していただく、また痛くないように麻酔をかけてから治療を行うこともあります。

虫歯治療について詳しくはこちら


ご希望に応じた治療をご提案します


治療方法や治療期間期間について、患者さんのご希望を伺いながら一緒に考えていきます。
なみき通り歯科では患者さんのご希望を第一に治療を行います。

「根本的にきちんと治療したい」「今回はとにかく症状が治まればいい」などご要望や疑問がございましたらぜひ、お話しください。
決定した治療内容や通院期間の目安などを「治療計画書」として書面でお渡ししていますので、後からゆっくり考えていただいてかまいません。


ヒビが入っている場合


拡大鏡を使って目視して、ヒビの程度、場所を確認します。小さなヒビであればその箇所を接着して進行を抑えます。大きなヒビ、もしくは虫歯が進行してヒビが入っている場合は、基本的に虫歯同様の治療を行います。 す。


欠けている場合  


欠けた部分を補うために、基本的には1~2回の通院で虫歯同様の治療を行います。
歯が欠ける根本的な要因には、詰め物が合わない、噛み合わせが合っていない、「食いしばり」や「歯ぎしり」をするなどがあります。

それぞれの要因に合った治療をご提案いたします。

詰め物治療について詳しくはこちら

噛み合わせ矯正について詳しくはこちら


割れてしまっている場合


ヒビが進行していたり、過度の力が歯にかかっていたりすると歯が割れてしまうことがあります。
歯が割れてしまった場合は、原因を診断するための検査が必要です。

基本的には虫歯同様の治療を行います。割れ方によっては歯を残せないこともあります。
噛み合わせの不具合などによる根本的な要因がある場合は、それぞれに合った治療をご提案いたします。


歯石・プラーク・黄ばみ

なみき通り歯科の「歯石・プラーク・黄ばみ治療」のポイント


  1. 歯周病菌の再感染を防ぐ治療
  2. 痛くない麻酔で奥の歯石も除去
  3. ご希望に合わせたホワイトニング治療

歯周病菌の再感染を防ぐ治療


一般的な歯石を取るクリーニングは、歯ぐきの縁上と奥(縁下)を複数回に分けてきれいにしていきますが、なみき通り歯科ではクリーニングを行い、2回〜3回の通院で治療が完了します。
時間をかけると歯周病菌が再繁殖して、せっかくきれいにしたところが汚染されてしまう可能性があるからです。

クリーニングでは、まず歯の表面にこびりついた歯石を超音波振動ではじき取ります。
その後、プラークが付着しないよう専用のブラシで歯の表面をなめらかに磨いていきます。


痛くない麻酔で奥の歯石も除去


クリーニングは「痛い」と思っていらっしゃる方も多いのですが、なみき通り歯科ではご希望に応じて痛くないよう麻酔をかけながら処置を行います。

「歯医者がこわい」という方でも安心してお越しいただけます。

歯石の状態が軽度の場合は、歯の表面(歯ぐきの上)を磨くだけですから痛みを感じることはありません。
なみき通り歯科では3~4ヶ月に一回程度の定期健診をお勧めしています。

初めは麻酔をかけてクリーニングをしていた患者さんも、一度きれいにすると2回目からは格段に楽に処置ができるようになります。

美しく保つために、定期的な健診をお勧めしています


ご希望に合わせたホワイトニング治療


ヤニや黄ばみが気になる場合


軽度であれば専用のブラシと研磨剤で磨けば、一度でかなりキレイになります。
状態によっては、さらに専用の研磨剤を用いて研磨をします。
研磨剤の成分に含まれているハイドロキシアパタイトは歯や骨と同じ成分のため、歯の表面にある目に見えないキズや凸凹がミクロレベルで補修されて、美しい歯がよみがえります。
これらの治療はすべて保険の範囲内で行えますので、お気軽にご相談ください。


加齢・体質による歯の黄ばみが気になる場合  


クリーニング後にホワイトニングを行います。  
ホワイトニングは保険適用外となりますが、表面だけでな色素を分解して内側から白くきれいにすることができます。  
すべて患者さんのご希望をお聞きしたうえで行いますので、「結婚式までにきれいにしたい」「できるだけ費用がかからないようにしたい」など、ご要望や疑問がありましたら、いつでも担当の医師やスタッフまでお知らせください。

審美・ホワイトニングについてはこちら


出血

歯ぐきのトラブルでお悩みの方へ


歯ぐきから出血した  


歯ぐきからの出血の原因はさまざまです。  
出血がひどい、痛みがあるという場合はまずその処置を行い、症状が治まってから検査等で原因を特定していきます。  
 
なみき通り歯科では患者さんのご希望を優先して、一緒に話し合いながら治療計画を立てていきます。気になることは何でもご相談ください。  


歯周病による出血    


歯周病の治療は、歯周病菌のすみかとなる歯石のクリーニングを行います。    
一般的な歯石を取るクリーニングでは、歯ぐきの上と奥を複数回に分けてきれいにしていきます。    
   
しかし、なみき通り歯科では初期治療としてブラッシング指導と超音波の機械を使用し表面の汚れを除去して行き、2回〜3回の通院で治療が完了します。    
歯石を取り除いて正しいブラッシング法を続ければ、歯ぐきからの出血は次第に治まっていきます。

しかし、その歯石には「縁上歯石」と「縁下歯石」の2種類あります。
簡単に言いますと歯石が歯茎より上にあるか歯茎の下(内側)の表面から見えない部分に付着しているかの違いです。

その歯石の付着している場所や量は人により様々です。
縁下歯石が多く付着している方ですと、歯茎の中に鋭利な細い器具を挿入して歯石を除去していくのですが、縁上歯石より歯の根面に付着しており、滑沢しているので、除去するには時間がかかってしまします。
そういった状態により治療回数は異なりますのでご了承ください。

歯周病治療について詳しくはこちら

ちなみに、「歯石を取るクリーニングは痛いからいや」という方もいらっしゃいますが、なみき通り歯科ではご希望に応じて痛くないよう麻酔をかけながら処置を行います。


ブラッシング過剰による出血  


過剰な力をかけて歯ブラシでゴシゴシこすったり、硬すぎる歯ブラシで磨いていたりすると、歯ぐきを傷つけて出血することがあります。      
なみき通り歯科では、患者さんの歯に合わせた歯ブラシのご紹介や、正しいブラッシング法をお伝えしています。      


血液の疾患やがんによる出血


お口の中は、歯以外はすべての場所でがんになる可能性があります。        
特にじわじわとした出血の場合、歯肉がんや、なんらかの血液の病気であることも考えられます。        
精密検査によってこのような病気の兆候が認められる場合は、なみき通り歯科から専門の医療機関をご紹介いたします。


歯ぐきの腫れ


まずは炎症を抑える治療を行って、つらい症状を改善いたします。
歯ぐきの奥にたまった膿が歯ぐきを押して痛みを起こしている場合は、膿を取って減圧するだけでかなり楽になります。症状が治まってから検査などで原因を特定して、根本的な治療を行います。


歯周病の場合


歯ぐきの腫れの原因の大半は歯周病によるものです。
歯周病の治療は、歯周病菌のすみかとなる歯石を取るクリーニングを行います。

一般的には、歯ぐきの上と奥を複数回に分けてきれいにしていきます。
しかし、なみき通り歯科ではクリーニングを行い、2回〜3回の通院で治療が完了します。

歯周病治療について詳しくはこちら


その他の場合


口内炎・白板病・扁平苔腺などを併発している可能性も考えられます。
また、良性腫瘍やがんによって歯ぐきが腫れることもあります。
精密検査によってこのような病気の兆候が認められる場合は、なみき通り歯科から専門の医療機関をご紹介いたします。

口内炎についてはこちら


できものやしこり


できものやしこりの原因はさまざまです。
検査等により原因を特定して、それぞれの症状に合わせた治療を行います。


口内炎等の場合  


体力が落ちていたり、免疫力が低下していたりすると、ヘルペス性の口内炎や口腔帯状疱疹を発症することがあります。
炎症を起こしている場合は塗り薬、口腔帯状疱疹は専門の医療機関をご紹介いたします。

口内炎についてはこちら


膿によるしこり


しこりを感じる場合は、その部分に歯周病や虫歯があり、膿がたまっている可能性があります。
検査により原因を特定し、適切な治療を行うことでしこりはなくなります。

歯周病治療について詳しくはこちら


その他のしこり


虫歯や歯周病以外のできものやしこりの原因としては「骨隆起」が考えられます。
これは、噛む力が強い人に起こる下あごの内側の骨が盛り上がるものです。
入れ歯を作る時に若干障害になることはありますが、お口の中で問題を起こしたり健康を害したりすることはありませんので、ご安心ください。

また、炎症でも、骨の異常でもないときは良性腫瘍やがんなどの疑いがあります。
どのような場合も自己診断に頼ることなく、検査によって原因を特定することをお勧めします。

なみき通り歯科では、精密検査によってこのような病気の兆候が認められた場合は、専門の医療機関をご紹介しています。


歯ぐきの変色


多くの場合は歯周病が原因と考えられます。
歯周病の治療は、歯周病菌のすみかとなる歯石を取り除くクリーニングをします。
一般的な歯石を取るクリーニングは、歯ぐきの上と奥を複数回に分けてきれいにしていきます。

しかし、なみき通り歯科ではクリーニングを行い、2回〜3回の通院で治療が完了します。
歯石を取り除いて正しいブラッシング法を続ければ、健康なピンク色の歯ぐきを取り戻すことができます。

歯周病治療について詳しくはこちら


ニコチンによる変色


タバコが原因となり、歯ぐきが黒ずむ場合もあります。
この場合、薬液を使った脱色方法で歯ぐきをきれいにできますので、お気軽にご相談ください。
必要に応じて、専門の医療機関をご紹介いたします。

審美・ホワイトニング治療についてはこちら


その他の場合


歯周病や喫煙以外で歯ぐきが黒ずんだり、白っぽくなったり赤みを帯びている場合は、悪性黒色腫、白板症、扁平苔癬などの可能性も考えられます。
精密検査によりこのような病気の兆候が認められた場合は、なみき通り歯科から専門の医療機関をご紹介いたします。


arrow_upward