1. なみき通り歯科
  2. なみき通り歯科のスタッフブログ
  3. コロナ感染の職種別リスクからわかること

コロナ感染の職種別リスクからわかること

日本におけるコロナ感染症の職業別の統計をとられた先生がみえまして、少しそれをシェアさせてもらいました。

あくまでも現時点で感染が公表されている数だけの統計ですので、潜在患者さんの数を合わせると一概にこうはなりませんが、面白いことがわかります。


ニュースで騒がれているので、医療従事者や、お医者さんや看護師さんがものすごい数の罹患をしているとおもったら、実はそうでもなく。

圧倒的に多いのはサラリーマンの方なんですね。

感染率が高いと予測された歯科衛生士も実はものすごい少数です。

これは我々の業界ではすでに予測されていたのですが、従来のインフルエンザや昨今のSARSにおいても、歯科医院で感染した現状はほとんどありませんでした。

常に感染予防対策をしている医療従事者や診療所は実は低リスクだともいえます。
さらに日々の仕事の中でトレーニングされているので、かなり私生活における予防も徹底しているという現状があります。

ではなぜサラリーマンが多いのか。

おそらく通勤だと思われます。

ほとんどの会社員の方はは公共交通機関を利用しており、当然バスや地下鉄はアルコール消毒や、まして次亜塩素酸で全面消毒などしません。

新型コロナは接触感染がものすごい多いというデータがあります。

感染率の高い所以はおそらくここだと思われます。

メディアの情報もすべてが正しいわけではありません。医療従事者に対する偏見を煽るような報道もたくさんあります。

常に正しい知識をもって、決してパニックにならないことが重要です。

人類がウイルスに打ち勝つ日は必ずきます。

頑張りましょう!




エントリーリスト

arrow_upward