1. なみき通り歯科
  2. なみき通り歯科のスタッフブログ

歯科治療が本当にコロナ感染リスクを上げるのか?

https://www.dent-kng.or.jp/colum/basic/2082/

神奈川歯科医師会からの最新のトピックスです。

本ブログでも以前にあげた、ニューヨークタイムズ紙でのデータも間違いであると記載されております。

マスコミ報道やネットのニュースは、便利ではありますが、すべてが真実ではありません。

我々医療従事者は、あくまでも正しい論文ベースで論理的に仕事をさせていただいています。

これからも真実に近い内容をアップしていきたいと思います。


ゴールデンウィークを終えて

連休中はみなさんステイホームだったと思います。
僕もどこに出かけるでもなく、基本的には毎日医院にいながら雑務に追われる連休でしたw

これは衛生士の岩田さんが夜なべして作ってくれたメッセージカード。

ふと見つけました。

こうやって細かい気配りをみんなしてくれてるんだなと少し感激してしまいました(T . T)



オンライン料理教室で、普段はまったくらやらない料理をしたりw

まぁ仕事がほとんどでしたが、ゆっくりはできました。

まだまだ油断はできない状況ですが、やれることをやる。

それしかありません。

頑張りましょう!


肺炎予防に有効なこと


なかなか収束に時間がかかりそうですが、しだいに情報の混乱も一時よりは落ち着いてきたような感もあります。

ワクチンや治療薬も研究者たちが日夜を問わずに頑張ってくれてます。

感染症はたしかに怖いですが、手をこまないていてもなかなか解決するものでもありません。

いま、自分たちができることが大切だと思います。


ようやく落ち着いてやっとこの論調がでてきました。

そうなんです。

肺炎のリスクを下げるために必要なことの一つに、口腔内の細菌レベルを下げることが必須なんです。

ウイルスによる感染症ですが、結局肺炎を重症化させる大きな要因の一つが口腔常在菌であることはずっと昔から言われ続けてきたことです。

特に免疫抵抗力の低い高齢者の方は必須です。

感染を予防しながら、重症化しないために何をするべきか。

これから問われるのはそこだと思います。

なぜなら肺の入り口は口腔だからです。


WEB配信にむけて


今日は朝から技工所の二階の空きスペースに、パソコンとデスクの設営を行なっていました。

なかなか家から出られない状況の中、口腔内に不安を感じられている患者様のために、当院でもWEBから発信できる情報はないかと試行錯誤しております。



日本歯科医師会会長や新聞でも、いろいろコラムが組まれてくるようになりました。

ワクチンや特効薬がなかなか期待できない中、これからは免疫力が大切になってきます。

それはすなわち全身疾患のコントロールです。

口腔内の清掃性が下がると、コロナによる肺炎を増悪させるいわゆる二重感染がおきる可能性があります。

我々医療従事者も万全の感染予防をしております。

子どもたちも家に篭りっぱなしで、間食のコントロールが難しくなり、虫歯の予備軍がここ最近一気に増えてきました。

なにか心配な点などありましたら、すぐにお問い合わせください。

頑張りましょう!


新型コロナウイルスのまとめ

https://drive.google.com/file/d/1bZ1Del13I_z1reNz0eCIkQfZFNuMXO14/view

感染症内科の先生がとてもわかりやすくまとめてくださってます。

少し長いですが、リンク貼っておきます。是非一度ご参照ください!


エントリーリスト

arrow_upward