ご予約・無料メール相談について

はじめての方へ


ご予約はお電話、またはネット予約からできます


なみき通り歯科では、お電話かネット予約のどちらかで、診療のご予約が可能となっております。
お急ぎの場合はお電話にてご予約をお願いいたします。


電話でのご予約


TEL052-693-8280

■受付時間

平日 9:00〜18:00
土曜日9:00~17:30
(※日曜・祝日は除きます。)
当院は予約制となっておりますので、ご来院の際はあらかじめお電話にてご予約ください。
ご来院の際は、健康保険証・各種医療証をご持参ください。


ネット予約の方法


初診の方と2回目以降の方で、予約ページが異なります。
お間違えのないよう、お願いいたします。

またお急ぎの場合はお電話でご予約ください。


初診用 ネット予約ページへ

2回目以降 ネット予約ページへ


無料メール相談


歯や口腔内に関するお悩み、困り事、予約前の不安はメール相談をご活用ください


なみき通り歯科では不安な点や、予約前に聞いておきたいことを相談できる「無料メール相談」を実施しています。

無料メール相談フォームへ


はじめての方はこちらをご覧ください


院長あいさつ

みなさん、はじめまして。院長の安藤です。


なみき通り歯科 院長 安藤壮吾

私は大学を卒業し7年の間、大学病院をはじめ大小様々の医院をめぐり、インプラントの外科手術を中心として診療・治療の経験を積んでまいりました。

そして、母の故郷でもあるこの地で、みなさまのご支援により「なみき通り歯科」を開院いたしました。
歯科医院というと、痛みのイメージから不安を持つ方も多いと思います。

しかし私たちは「笑顔」と「最先端の治療」により、そんなイメージを払拭できるように、日々の努力を惜しみません。
そしてこれからは、近隣の方々から親しまれ、どんな相談でもしていただけるような、明るく優しい医院にしていきたいと思います。
みなさま、どうぞよろしくお願いします。

なみき通り歯科 院長
安藤 壮吾

私の紹介ページはこちら


あなたの口内の健康を「トータルケア」する歯科医院でありたい


「治療」のために通う歯医者ではなく、 「予防」のために通う歯医者であるために。


フィンランドは25本、日本は8本。
―これは、80才の段階での平均残存歯数です。
日本には現在、7万件以上の歯科・デンタルクリニックがあるといわれ、これはコンビニエンスストアも超す多さです。

これだけ歯医者が豊富に存在し、かつ医療技術が発展している日本において、なぜ人は歯医者に通いながら自分の歯を次々に失ってしまうのでしょうか?

それは、多くの人にとって歯医者が「痛くなったら治療のために通う」場所であって、「痛くならないように、予防のために通う」場所とはなっていないからです。

口は、すべての栄養源の入り口です。
そのため、よくかめて、よく食べられるという歯の健康は、口内の健康のみならず、体全体の健康を左右するのです。

私たちなみき通り歯科は、その健康の最重要ポイントの1つである『歯』を、『一生涯健康に保つ』ための医療を提供する歯科医院です。


トータルケアのためには歯科医も「チーム医療」でなくてはならない


ミーティングの様子

患者さまの口内の健康をトータルケアしていくためには、虫歯治療は歯科医師、矯正は矯正医、クリーニングは歯科衛生士、というように、患者さまを担当する人間ごとにケアをセグメントしてしまうのではいけません。
「すべてがつながって1つのケアなのだ」という意識のもと、お互いに情報を共有しあう「チーム」である必要があります。

1本の虫歯治療からスタートしたとしても、そこには「噛み合わせの問題」が虫歯を引き起こしていたり、歯磨きの癖でどうしても虫歯になりやすい箇所があったり、食生活の中にリスクが潜んでいたりと、複数の問題が内包されています。

なみき通り歯科では、チームミーティングにて患者さまの診療から得た情報を共有しあい、複数の視野から見てどの治療が最善であるのかを追求しています。

なみき通り歯科のメディカルトリートメントモデルについて


「痛みのない治療」を目指して

痛いのが苦手な方へ


ほとんどの方が、「歯医者さんの治療は痛い」と考えていらっしゃると思います。
なみき通り歯科では麻酔の仕方の工夫やリラックスできる環境づくりに注力し、「痛くない治療」を患者さんにお約束しています。


「痛くない治療」を実現する麻酔の工夫


勤務医時代から痛くない麻酔の方法の指導を受け、後輩の勤務医にも指導していました。
虫歯治療のスタートでもある「麻酔が痛い」とその後の治療にも不安や痛みを感じ安くなってしまいます。
なみき通り歯科では、治療中だけでなく、治療後の痛みについても万全の対策を行っています。

1.希望される方のみ表面麻酔をかけます

麻酔は針を刺される時が一番痛いものです。
あの「チクッ」という感覚をなくすために、針を刺す前に塗るタイプの麻酔(表面麻酔)をかけます。
表面麻酔がなくても「チクッ」という感覚がないように麻酔針を挿入するコツがあります。


2.極細の針を使う


当然ながら、注射針は細ければ細いほど痛みが少なくなります。
なみき通り歯科では最も細い「33G」というサイズを使用しています。


3.ゆっくり注入する    


急激に麻酔液を注入すると、その圧力で痛みを感じることがあります。最少かつ一定のスピードで注入します。  


4.効くまで待つ      


麻酔をしても、すぐに治療を始めると痛みを感じる場合があるため、歯の神経まで十分に麻酔液が浸透するまでしっかりと待ちます。
簡単なことですが、痛みを抑える治療のためには非常に重要なポイントです。      


5.効かなければ治療を中止    


ごくまれに、麻酔が効かない場合があります。
そのようなときは無理に治療せず、痛みのない範囲で処置を行います。
ほとんどの方は次回の治療ではきちんと麻酔が効き、痛くない治療を行うことができます。      


6.痛み止めを処方    


麻酔が切れたあとの痛みに備えて、痛み止めを処方しています。
胃腸への負担などはほとんどなく、痛くなる前に飲んでおくことで治療後も楽に過ごせるようになります。


リラックスできる環境づくり


痛みという感覚は、置かれた環境や心の状態によって感じ方が大きく変わります。
「痛い治療をされるだろうな」と考えながら治療を受けると、普段なら気にならない程度の痛みがことさら強く感じられることもあります。
なみき通り歯科では、できる限り患者さんの不安や緊張を取り除き、リラックスした状態で治療を受けていただけるよう気を配っています。  


初めて治療に来られた方には、まずカウンセリングルームへご案内し、今のお口の状態や気になる症状についてお話を聞かせていただきます。
疑問や不安をあらかじめ解消することで緊張が解け、より痛みを感じにくい状態で治療を受けることができます。

この段階で「やっぱり緊張して、今日はどうしても治療を受けられない」という方には、後日にしていただくこともあります。
痛みが強い場合は、痛み止めだけを処方することもあります(これだけでもかなり良くなります)。

環境面についても、いかにも「歯医者さん」という雰囲気は極力なくすように努めています。


開放的で明るく、温かく、病院らしくないをコンセプトに、天井は4200cmの高さで、ガラス面を多くして開放的な空間となっており、自然光が入り込む明るく優しい、ゆったりとした雰囲気の空間にしました。

歯科医院独特の薬の匂いがしない、やさしいアロマの香りが漂う空間で、肌触りの良いソファーに腰をおろし治療前後をリビングにいる感覚でゆったりとお過ごしいただけます。

なみき通り歯科の空間へのこだわりはこちらでご紹介しています  


初期段階なら、もともと痛みはありません  


歯科治療はすべて痛いものだと思っていませんか?

実は、初期段階の虫歯治療の場合、ほとんど痛みを感じることはありません。
痛みは、歯の中を通っている神経に異物が触れることで発生します。
神経まで届かない初期の虫歯であれば、治療中に少し響くような感覚はあっても、「ビリビリ」「ズキズキ」するような痛みはありません。

なみき通り歯科の虫歯治療についてもご覧ください


院内施設・設備紹介

外観・室内の様子


なみき通り歯科は医療モール「メディコート」内にある歯科医院です。
このページでは、当院に初めてご来院くださるあなたのために、「どんな歯医者なんだろう?」という疑問に答えるために、写真でなみき通り歯科を知っていただこうと思います。

メディコート外観



メディコートは東海通添いにありますので、わかりやすいかと思います。
駐車場も目の前にありますので、便利ですよ。

そんなメディコートの3階になみき通り歯科はございます。
エスカレーターかエレベーターで3階までお上がりください。



なみき通り歯科の入り口




同じ階には「てらだアレルギーこどもクリニック」さんもありますので、お間違えのないようにお越しください。
当院は落ち着いた雰囲気の待合室になっております。
医療用の空気清浄機も完備しておりますので、歯医者特有のニオイが苦手な方もご安心ください。


快適に過ごせる院内を目指しています




キッズスペースもご用意しております。
治療をがんばったお子様には、ガチャガチャのサービスも行っております。
その他にも、院内にはスタッフ紹介などの掲示物がありますので、リラックスしていただける環境を整えています。


安心・安全な滅菌への取り組み


感染を防ぐ消毒・滅菌システム



歯科では、治療に伴ってだ液や血液、粘膜に接触する機会が多く、使用する器具を正しく洗浄・消毒・滅菌しなければ、付着した汚れ・細菌によって院内感染を招く恐れがあります。
しかしながら現在、この「感染対策」には定められたルールがありません。「ハンドピース(歯を削る器具)は患者ごとに交換し、オートクレーブ滅菌することが強く勧められる」という指針はあるものの、実際の滅菌方法は各医院のモラルに一存されてきました。数年前、全国の歯科医療機関のうち7割が歯を削る機器を「使い回し」していたことが大きな話題になったのも記憶に新しいところです。
なみき通り歯科では、患者様に安心して気持ちよく治療を受けていただくために、治療器具の洗浄・消毒・滅菌に力を入れています。また、グローブ(手袋)なども患者様ごとにきちんと使い捨てにし、クリーンな環境で治療を行うことを徹底しています。患者様のお口に入るものですから、私たちは「見えない安心」にもとことんこだわっています。


洗浄/消毒




歯科医療機器専用の洗浄機「ミーレジェットウォッシャー」を使用しています。
水温・圧力・洗浄剤などが完璧にコントロールされ、優れた洗浄効果で汚れや細菌を除去します。
手洗いでは落としきれない汚れをしっかり除去し、洗い残しの心配もありません。
この過程でほとんどの汚れや感染源を除去することができますが、さらに滅菌を行うことで万全の感染対策をとっています。


滅菌



タービン(歯を削る器具)を内部まで滅菌できるDACユニバーサルを導入しています。
一般的なオートクレーブ滅菌器が器具の「表面」を滅菌するのに対して、DACユニバーサルは器具の「内部」まで洗浄・滅菌を行うこ とができるのが最大の特徴です。
つまり、手洗いが困難な内部構造の隅々まで滅菌を行うことができるのです。
なみき通り歯科では、患者様一人ひとりに滅菌済みのタービンを使用しています。


最新技術が駆使されたマイクロスコープ(拡大顕微鏡)


歯科医療に優位な視覚をもたらすカールツァイス社のマイクロスコープ


なみき通り歯科は、むし歯治療・歯の根っこの治療の精度を高める手術用顕微鏡「マイクロスコープ」導入医院です。マイクロスコープにより肉眼の21.3倍まで拡大しながら治療を進めることができるので、今までの歯科治療であれば抜かなければいけなかった歯を残せる可能性を上げることができます。また、繊細な治療も可能になるため「見た目」や「キレイな仕上がり」にこだわる方の治療にももちろん対応可能です。


ご予約・無料メール相談についてはじめての方へ ご予約はお電話、またはネット予約からできます...

なみき通り歯科 院長 安藤壮吾院長あいさつみなさん、はじめまして。院長の安藤です。 私は大学を卒業し7...

「痛みのない治療」を目指して痛いのが苦手な方へ ほとんどの方が、「歯医者さんの治療は痛い...

院内施設・設備紹介外観・室内の様子 なみき通り歯科は医療モール「メディコート」...

arrow_upward