1. なみき通り歯科
  2. 歯のトラブル
  3. その他の症状はこちら

その他の症状はこちら

歯のトラブルでお悩みの方へ



親知らず


「親知らずは必ず抜くもの」と思っている方も多いようですが、決してそうとは限りません。

「痛い」「将来痛くなる可能性がある」「隣の歯や周囲の組織に悪影響がある」という以外は、基本的に抜く必要はありません。
また、気づかないうちに生えていたり、歯ぐきの中から出てこないこともあります。
18歳ごろになって奥歯に痛みや違和感がある方は、ぜひ精密検査を受けることをおすすめします。

親知らずを抜歯しなければならない時も、なみき通り歯科では可能な限り痛みを抑える「無痛治療」を行っています。  
抜歯後も痛み止めなどを処方して、できる限り痛みを感じずに過ごしていただけるようにします。

痛みのない治療へのこだわり


歯の痛み


歯の中にある神経が刺激されることで歯の痛みが引き起こされます。
神経が刺激される原因としては、虫歯、歯のヒビ・欠け・割れなどさまざまです。
なみき通り歯科では、まず痛みを抑える応急処置を施し、痛みが治まった後に原因に応じた治療を行います。

「ヒビ・割れ・欠け」治療についてはこちら

なみき通り歯科では、麻酔から治療後までほとんど痛みを感じることのない「無痛治療」に取り組んでいます。
患者さんのご希望を第一に、一緒に相談しながら治療計画を立てていきますので、まずはお気軽にご相談ください。


歯のぐらつき


歯がぐらつく原因はいろいろあります。検査によって原因を特定したうえで、適切な治療を行います。


「ぶつけた」など外傷によるぐらつき


レントゲン、検査によって状態を把握して、ぐらつきを整復固定します。
外科的な手術が必要な場合は、なみき通り歯科より適切な医療機関をご紹介します。


乳歯の生えかわりによるぐらつき  


乳歯の生えかわり時期に歯がぐらつくことがあります。  
状態を見て、いつごろ抜けるかをお伝えします。  
ぐらつきを我慢できる場合はそのままにしておきますが、抜いてほしいというご希望があれば痛くないよう麻酔をしてから抜歯します。


歯周病による歯のぐらつき  


歯周病による歯のぐらつきの場合は、日常でも思うように硬いものが噛めなかったり、噛むと痛いという支障が出てきます。
プラークという細菌の感染拡大が起きており、歯を支える歯周組織の破壊が進んでいる状態です。
細菌を除去するために歯に付着している歯石を除去して、お家での正しいブラッシング法を続けることで、悪化を防ぐことはできます。

そして噛みにくいという機能を回復するために、残せる歯と残せない歯を検査・診断し残せない歯を抜歯したあとに機能回復のための

  1. 入れ歯
  2. ブリッジ
  3. インプラント

の3つの治療法のうち、どの方法が最適かをご提案し、治療を進めて行きます。

歯周病治療について詳しくはこちら


arrow_upward